良い反射のコツ

静岡市 ダンス教室 社交ダンス 社交ダンス

静岡市 ダンス教室 社交ダンス

ヒロス流
「社交ダンスの競技から学んだ考え方」です。

 

 社交ダンスでも、日常生活でも
ぶつかったときや、トラブったときに
反射的な言動で大きなミスを防ぐコツです。

 

まずは、トラブル発生の直前の
2つの状態を知っておくことです。

 

1つ目は、
 自己コントロールできているとき

→脳で情報処理し、正確な対応ができる。

 

2つ目は、
 自己コントロールできていないとき

→脳に情報届かず、反射的な対応になる。

 

1つ目の状態は、知識、経験で
対応できると思います。

問題なのは、
2つ目の自己コントロールできていない時です。
その時に、いかに正しい対応ができるようにするかです。

 

反射的な言動において、
身体や感情が良い行動に
なるためには、

トラブル前、
次の5つの状態でいることです。

1.ベストをつくして行動していること
2.ポジティブな気持ちでいること
3.機嫌よくやっていること
4.自分に期待している状態でいること
5.疲労していない状態でいること

です。

 

普段の行動を1~5の状態で取り組むことで、
反射的な言動の場面において
大きなミスをしないようにしましょう。

 

ヒロス流

社交ダンスの競技からから学んだ

考え方でした。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました