社交ダンス上達のコツ:腕と指

社交ダンス上達のコツ腕の使い方 社交ダンス

今日もブログは
ヒロス流 社交ダンス上達のコツの
話です。

社交ダンスでの腕の役割と使い方

☑社交ダンスの腕の役割

1.相手と組むため

2.リードを伝えるため

3.バランスを取るため

4.動きを美しく見せるため

5.キレよく回転するため

6.回転を止めるため

などの役割があります。

 

今回は、この中から2つ解説してみたいと思います。

バランスを取るために腕は大事

男性も女性もラテンを踊っている時
ソロ(一人)で回転することが多いです。

✔回転中の脇の下にをボディーにくっつけない

✔回転中の腕(二の腕からヒジ)をボディーに近づけすぎない

この2つをチェックしてみてください。

例えば、スポットターンの時

左右のヒジの高さを揃えて
ボディーから話していますか?

 

回転中にのけぞったりするトラブル時は
ほとんどの場合
回転の外側の腕がボディーに近づきすぎていると思います。

 

例えば、ワルツやスローフォックストロットの時

PP(プロムナードポジション)の時
・相手側のヒジが下がったり
・ヒジを引きすぎていませんか?

 

✔腕とボディーとの空間の距離が
 左右で違うとバランスが崩れやすいです。

✔自分の両ヒジの高さを揃えて
 床と水平になっていないと
 バランスが崩れやすいです。

 

動きを美しく見せるために腕は大事

特にラテンを踊っている時
ついつい手の位置ばかりを気にしていませんか?

よく見かけるパターンは。。。

1.”ピッ”と手を横に動かす動作です。

2.指の形だけを意識している動きです。

腕を横に広げる時

✔肩、ヒジ、手首、指 の順で
腕を上げたり
腕を横に広げたりしましょう。

例えるならば、
ブレイクダンスを踊る時をイメージ
してみてください。

両手に広げた左右の腕
左の指からスタートした
”波”の動きが、
右の指に伝わっていくような
あの感じです。

 この動きに近い感じです。

つまり、

右腕を横に広げる時
まず、右の肩が右にスライド
その次に、二の腕、ヒジが
右方向に上がります。

さらに、その動きは、
右手首に伝わり
最終的に、右手が横に収まるという
感じです。

肩、ヒジ、手首、指の順で広げていきましょう。

最後の指の形について

まずは、手を水で濡らしてください。
その水を手を振って水を切ってみてください。

 その時の、手首と指の形を見てください。

特に指の形です。

✔指の形は手についた水を切ったときの形

を目指すとまずは、良い指の形になると思います。

 

今日は、社交ダンス教室のブログらしく
社交ダンスの話をまとめてみました。

脇の下の空間を伴う
腕の位置。

そして、腕の伸ばし方について
ヒロス流社交ダンスのコツとして提案させていただきました。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
▶インスタグラム
 
▶フェイスブック
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました