社交ダンス上達のコツ:リードの4つのポイント

社交ダンスの男性リードのコツ 社交ダンス

社交ダンスの上達の一つ 上手なリード

ヒロス流 社交ダンス上達のコツ

パートナーを上手にリードする時に
心がける4つのポイント

について話します。

 

ポイント1.
 体重移動

パートナーの
体重移動を目的にリードする

 

ポイント2.
 足の裏の動き

パートナーの足の裏が
床に着くタイミングと
その圧力をイメージして
リードする

 

ポイント3.
股関節の曲がり

パートナーの股関節の
曲がり加減や動きを
イメージしてリードする

 

ポイント4.
 足首の曲がり

パートナーの
足首の曲がりを
イメージしてリードする

 

手のひら指のリードは伝わらない

器用に動かしやすい手首から先

手のひら、指を使って
相手をリードしても上手に
リードが伝わならない場面が多いです。

手のひらや指では
リードが伝わらないことを
次の実験方法で試してみて下さい。

 

【実験方法】
肩幅に足を開き
両手を組んで
相手の正面に立ってください。

そして、
自分の両腕だけで
相手を左右に動かしてみてください。

相手の相手の手や腕は
左右に揺れますが
立っている右足、左足の
体重移動をリードできないと思います。

 

次の実験で
リードが伝わることを
感じて下さい。

組んでいる両手は組んだままで
自分の足を
右足体重
左足体重に動かしてください。

自分の体重移動でリードすると
こんどは
相手体重が左右交互の足に
移動すると思います。

 

リードのポイントは相手の動きをイメージすること

相手の体重移動
シューズが床に着くときの
体重の移り変わりを
イメージでリードすることが大事です。

 

そのためには、
相手の股関節や、足首が
曲がっていく感覚をイメージするこが
必要です。

相手の体重移動
股関節、足首の曲がりを
リードしながらリードすると
自分の股関節、足首も
急激な変化なく曲がると思います。

 

 

手や指のリードでなく
体重移動や関節の動きを利用して
相手をリードしてみましょう。

 

ステップの形をリードする前に
一歩ずつのリードのイメージを
練習してみましょう。

 

今日は、ヒロス流社交ダンス上達のコツ

リーダーの方へ

4つのリードのコツ

の話でした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
社交ダンス教室です
 日曜日の社交ダンスレッスンも可能です
 
『ネットでみました』でお話ください。
電話・メールをお待ちしております。
 
 
静岡市清水区村松699-1
 
【電話はこちら】
 
【メールはこちら】
 
 
 
※当スタジオでは
パーティーや発表会は開催しておりません。
 
 
 
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました