社交ダンス上達のコツ 悪い動きもやってみる

上達のコツ悪い動きと良い動きで踊ってみること 社交ダンス

悪い理由をしってから悪い動きもやってみる

社交ダンスのレッスンでは
こうしたらいい
こう変えてみて

などと良い動きの確認が多いです。

 

ときには

逆に、悪い動き、悪い踊りを
その理由を知ってからちょっと動いてみるといいと思います。

 

理由を知って悪い動きを体験してみると
改善の理由、こうしたらもっと良くなる
という理由と原理がより理解しやすくなることも多いです。

 

良い例だけでなく
理由を知ってから動いて見ることが大事ですが
悪い例で少し動いてみると
良い動きと比較する部分が明確になると思います。

 

厄介なことは、普段の自分の動きの良い悪いは
その動きになれてしまっているので
気付きにくいし、感じにくいです。

 

だから、
悪い例で動いてみて
悪い例と良い例と自分の動きの
違いとその理由がわかることもあります。

 

ちょっと試してみてください。

理由を知ってから
ほんのちょこっとやってみてください。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました