社交ダンスも楽観的な気持ちで踊ることが大事

社交ダンスを楽しむコツ 社交ダンス

社交ダンスを踊るとき不安や心配より楽しい気持ちが大事

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

前向きで楽観的で楽しい気持ちで
取り組むことが大切です。

 

心配、不安の気持ちで
相手に近づき、組んで踊りだすと
きっとその時の表情は硬くなっています。

 

口もぐっと閉じ
唇の間もギュッと閉じてしまっていては
身体に力が入ってしまいます。

せっかくの気持ち良いダンス音楽も
リズムやテンポばかりを聞くことになり
メロディ-を口ずさみ
鼻歌まじりで社交ダンスを踊ることとは
かけ離れてしまいます。

 

100点や完璧を目指さず60点で良いという気持ちで踊る

正しい社交ダンスや
相手に迷惑をかけない踊りで

頭がいっぱいになっていては良くないです。

 

ネガティブな気持ち、マイナスな気持ちで
踊っていると

楽に楽しく踊れないだけでなく

相手のミスや相手への不審感がうまれるという
最悪な状況で踊ることにもつながる可能性があります。

 

男性のリードも、女性のフォローも
ちょくちょく上手に伝わらないという
ちょっとむずかしいから楽しいのだと思います。

 

スポーツで毎回、勝つ、負け知らずや
蹴ったシュートが100%決まったり
打ったゴルフボールが毎回完璧だったら
きっとつまらなくなるのと同じです。

 

失敗や上手く踊れないという
ちょっとむずかしいからこそ

学びや工夫、頑張るという
前向きな気持ちになることが心地良いはずです。

 

だから失敗やミスがあって良いです。

 

心配や不安で社交ダンスを踊る方が
思っている以上に多いです。

もっと楽に、もっと楽観的に
楽しいという気持ちで満たされた状態で
社交ダンスを踊りだしましょう。

 

ヒロスダンススタジオでは
決まったステップの順番もありますが

できれば、自由なステップの連続で
楽しく踊れる社交ダンスを目指しております。

 

何度も同じことを言われたり
何度も同じような失敗をしても

じょじょに上手くなっていきます。

事実として、お客様(生徒さん)は
成長曲線をうねうねしながら
徐々に上手くなっていっています。

 

うまい踊りだという理由
上達してきた部分とその理由を

レッスンのときにもしっかりと伝えるように
心がけております。

 

気軽に、楽観的に楽しく
社交ダンスを踊りましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

社交ダンスを始めたい方
社交ダンスを再開したい方は
お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ担当は
ミスズです。

 

【電話はこちら】
 
【メールはこちら】
 
『ネットでみました』でお話ください。
電話・メールをお待ちしております。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました