社交ダンスの上達のコツ 思いがけない発見を見逃さない

発見気づきはすぐにメモることヒロス流 社交ダンス

今日の話は、

ヒロス流社交ダンスのコツです。

ふとした気づき思いがけない発見を大切に

社交ダンスでも
 日常生活でも
  ビジネスでも

ふとした時に、思いがけない発見があると思います。

そんなときは、すぐにメモです!

 

無意識?ひらめき? に近いと感じますが、
出会えた、頭に浮かんだ
”思いがけない発見・気づき”
大事な機会と捉えることが大事だと思います。

 その発見・気づきについて、
忘れずに練習したり、レッスンを受けたりして

 社交ダンスの上達に活かしましょう。

一生懸命考えだす仮説と
ぱっと浮かぶ発見とは違います。
今回は、無意識的にひらめく”発見”の話です。

2人で練習する時にも発見に期待すること

「こうしたらいいんじゃない?」

「ここはもしかしてカウント違っていない?」

などという、ちょっとした”発見”

✔上達のきっかけは”何かを発見すること”

だと思います。

 もちろん、反復練習で踊り(動き)の
・完成度を上げることで上達したり
・顕在意識(有意識)から無意識的に動けるようになる
 ということで上達したと考えることもできます。

 

今、ココでの話は、
 反復練習などその前段階。

きづけたらから練習できる
発見できたらか練習できる

という、練習の前の部分の話です。

つまり、今まで気づかずかなかった
改善ポイント、踊り方の不具合を

✔2人で発見することが大事

ということをお伝えしたいです。

 

 知識や情報をもとに練習することが
多い中、自分たちで発見してそのポイントを
改善していく意識を持つと良いと思います。

 

☑ふとした発見、思いがけない発見

を見逃さないようにしましょう。

 

2人で踊っているときだけでなく
2人での移動中や食事中
2人で雑談しているとき

 そんなリラックスしたときに
思いがけない発見が生まれることもあります。

 思いがけない発見、ふとした気づきは
すぐに通り過ぎてしまい、すぐに忘れやすいです。

すぐにメモしたり、スマホに記録しましょう。

 2人で機嫌よく、自由で安心して話せる関係を
常に維持しておくことです。

 その関係だからこそ、
ちょっとした”気づき、思いがけない発見”を
気軽に言いあって
社交ダンスを上達させましょう。

 

やはり、上達するために、練習のポイントを
発見するためにも二人機嫌よく仲良くいられるように
日々関係よく要られるようにメンテナンスしておきましょう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

P.S.

考えたり、ひらめいたりする場所として

「三上」 という言葉は、ご存知でしょうか。

1.馬上 馬、今では、移動中と考えていいと思います
2.枕上 布団ベットで横になっているとき
3.厠上 トイレにいるとき

 頭の奥~の方で、
「社交ダンスうまくなりたいな~」

って思っていたり、

「あそこは、どうしたら上手に踊れるかな~」

って、無意識の部分、頭の奥の方に
常に置いておくような気持ちでいると

 

2人で話しているときだけでなく、

「三上」 の 一人の時間にも

思いがけない発見が生まれるかもしれません。

ふとした気づき、思いがけない発見

を期待して過ごすことが大前提だと思います。

 発見があったら、すぐメモする

そのメモをみて、練習やレッスンに取り組むと

社交ダンスがもっと楽しく踊れるようになると思います。

 

P.S.S.

LINEやメール、ビデオチャットの中では、

思いつかなかった気づき
思ってもいなかった発見

が生まれることは少ないような実感があります。

直接会って、雑談して、
そんな時の方が、圧倒的に
良い気づき、発見に出会えます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました