社交ダンスのコツ:自分で自分の邪魔をしない

社交ダンスで学んだこと 社交ダンス

自分で自分の踊りの邪魔をしないこと

相手と組んでいるから上手に踊れない部分も
あるのかもしれません。

しかし

自分で自分の踊りの邪魔をしていることがあることも
知っておくことです。

たとえば、
◆顔の向きが違うことで
ピクチャーポーズがくずれたり
回転中に相手に対して正面に向いてしまったりして
自分で自分の踊りの邪魔をしています。

◆顔の向きを変えるタイミング
ボディーと顔の向きを常に一致させていることで
相手の向こう側への前進が中途半端になり
そのステップが移動なのか、それとも回転なのか
不明瞭で自分で自分の踊りの邪魔をしています。

◆回転時の上半身と下半身のズレ
ルンバの回転、ウォークのとき
上半身と下半身の動きが一緒では
自分で自分の踊りを邪魔しています。

*コツは、上半身が先、下半身があと
というズレは自分の踊りを助けてくれます。

 

◆アンダーアームターンの時
 女性が自分の腕の下で回転しようすると
自分で自分の踊りを邪魔しています。

◆スタンダードのホールドの時
男性の右手の平で女性を押していると
自分で自分の踊りを邪魔しています。

◆息を止めて動いている時間が長いときも
自分で自分の踊りの邪魔をしています。

 

自分ひとりの踊りだけでなく
自分で自分の行動を決められるとき

自分で自分の邪魔をしていないかな?

という目で見てみると
相手や周りをどうしよう~という
他人への意識が少なくなり
自分の改善に意識が向きやすくなると思います。
そのことで自分で自分をどんどん修正していけると思います。

 

社交ダンスの時だけでなく
日常生活でもその意識は大事です。

朝、目が覚めたら10秒以内に起きると
自分で決める

声かけようかな
あそこのゴミ捨てようかな
片付けようかな

そう思ったら10秒以内に
自分で決めて行動すると

気にしていたり、心配したり、悩んでいることなど
自分で自分の邪魔をしていることを
減らしていけると思います。

自分で自分の邪魔をしない

自分で自分の邪魔をしていることがないか
社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

ちょっと気にしてみてると良いと思います。

社交ダンスで学んだ
・ヒロス流考え方
・ヒロス流社交ダンス上達のコツ

の話でした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました