社交ダンスのコツ:慎重さと臆病さを忘れずに

社交ダンスのコツ慎重さと臆病さ 社交ダンス

大きなトラブル問題には大きな原因があるとは限らない

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

大きなトラブルの原因を探っていくと
はじめの小さな問題が原因のことが
ちょくちょくあります。

 

 だから、

日頃の
・小さな問題
・今回だけは。。。見逃すとか
・今だけは。。。

ということなく、

■基礎を大事に
■やや慎重に
■やや気持ちは臆病に

そんな気持ちをもって
行動、実行していくことが大事です。

 

社交ダンスを楽に踊ってもやや慎重に踊ること

社交ダンスは
音楽を楽しみながら
ある程度のステップで
気軽に楽しめるといいと思います。

 

 入門、初級で習い始めることが多い
ブルースを踊っているように

ワルツやタンゴ、ルンバやチャチャチャを
軽快に踊ることが楽しいと思います。

 

そんな中でも、
雑に踊ることなく
いい加減に踊ることなく

社交ダンスを楽しんでいただきたいと思います。

何といっても、安全第一ですから。

 

軽る~く社交ダンスを楽しんでいても向上心が大事

もう少し

もう少しだけ

✔基礎をしっかりと覚えて踊りたい

✔上手くなりたい

そんな気持ちになってくることも
多いと思います。

向上心、上達の気持ちが出てきたら、
まずは、基礎のチェックがいいと思います。

1.姿勢はいいかな?
2.組み方はいいかな?
3.フットワークは正しいかな?
4.カウントは正しいかな?

 

もう十分に踊れている方の上達のポイント

 ばんばん踊れるからすごい!

そんな方も、趣味・特技の社交ダンスだからこそ
もっと上手くなりたい
もっときれいに踊りたい
もっと気持ちよく踊りたい

というようになることも多いです。

 

✔趣味や特技だからこそ
 もっともっとの気持ちがでてくるものだと思います。

 

人から言われてやっていることや
ビジネスでもそういう気持ちになると
楽に仕事に望めると思いますが。。。

 

相当上手なのに、もっとを
求めるときには

先程の
1.姿勢はいいかな?
2.組み方はいいかな?
3.フットワークは正しいかな?
4.カウントは正しいかな?

 

に加えて

5.視線の方向

6.シューズの中の指の状態

7.シューズの裏の回転

8.心の中のシュッ、パッという
  擬音、擬態語の使い方

9.踊っている人のコツ
  →見ていて予想できることではないこと

10.動きの程度
   ・強さ、弱さ
   ・大きさ、小ささ
   ・速さ、遅さ

 

この5~6のポイントを
今の踊りの中でチェックしていくといいと思います。

 

上手に踊れない、
トラブルという

✔大きな問題も小さなことが
 原因であることがちょくちょくあるので

 

リラックスして、楽に踊っているときも

✔やや慎重に
 そしてやや臆病な気持ちも持って

社交ダンスをたくさん楽しく踊るといいと思います。

 

今日の話は、

ヒロス流社交ダンス上達のコツでした。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
▶インスタグラム
 
▶フェイスブック
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました