社交ダンスのコツ 感じたことに対応すること

気づいたり感じた心の声にはすぐに対応すること 社交ダンス

ふと感じたことを流さずに対応すること

社交ダンスを踊っているときでも
日常生活でも
ビジネスでも

瞬間的に気なることが頭に浮かんだり
ちょっとしたことに気づいたりすることがあると思います。

瞬間で短く小さなことを、先送りせず
丁寧に言葉にして、すぐに自分の行動に反映させることが大事だと思います。

 

社交ダンスを組んでいるときも

組んでいる相手の力が強いかな??
自分の肩が上がっているかな??

など、

ちょっと気になることが頭に浮かぶことがあります。

ちょっとした感覚や瞬間的な気づきを漏らさず
先送り、忘れちゃったりせずに、
大切に捉えることが大切だと思います。

 

感じたり、気になって頭に浮かぶ時間は
ほんの一瞬です。

その短時間に無意識的に感じた
違和感や気づきに対してすぐに対応する意識が
踊りやすくしたり
その先の、社交ダンス上達のコツにつながります。

 

感じて、気づけのに。。。すぐに忘れてしまうこと

ここを忘れずに、
無意識に浮かんだ感覚や気づきを
すぐに自分の言葉にして
修正や、改善の動きとして反応することが大事です。

1.感じた気づいた瞬間
2.こうしようあ、あ~しようと言葉にする
3.すぐに行動する

この流れです。
感じたり気づいたら言葉にする。行動する。

あれ、
こうしようかな
気になるな??

という感じたことを言葉にすると
行動につながるはずです。

たとえば
ゴミが落ちているとき
1.ゴミが落ちている
2.拾おうかな
3.すぐに拾い上げて捨てる

1.出しっぱなしの状態
2.片付けいようかな
3.すぐに片付ける

1.女性の右腕が強く伸びているな
2.自分の左手の位置どうかな?
3.すぐに自分の左腕を修正する

などです。

ちょっと気になったり感じたらすぐ行動する
習慣を身につける練習方法は、

朝の起き方だと思います。

朝目が覚めて
心の中で「起きようかな」って感じたり、思ったら
3~4秒ですぐに身体を起こすことだと思います。

思ったらすぐ行動する。

毎朝、トレーニングしておけば
社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

心にふと感じたり、気づいたりしたことを
自分で素直に言葉に置き換えて
すぐに、行動しやすくなると思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました