社交ダンスで鍛える 考える力

社交ダンスで学ぶ考える効果 社交ダンス

すぐに決めずに悩み考えることは大事

社交ダンスで上手に踊れないとき
こうすればいい。

というアドバイスを受けます。

しかし

その時点の自分のレベルに対しての
アドバイスであるので
自分のレベルが上がれば
アドバイスの内容は変わります。

 

同じステップでも
受けるアドバイスが
どんどん変わるほど

不審に思うのではなく
いい感じ!って思うと良いです。

 

自分のテクニックレベルが
 上がっているから
 聞いたことができたから

という理由で

アドバイスが
どんどん変わっていくと
考えてよいと思います。

 

逆の見かたをすれば

同じアドバイスが
多いということは

自分の変化が少ない
ということの可能性もあります。

もちろん
すぐに、簡単に
アドバイスどおりに
踊りを進化成長させることは
無理ですので

一定期間は
同じアドバイスを聞くことに
なります。

 

受けるアドバイス、助言の
内容がどんどん変わるときは

悩むことが多いと思います。
つまり、考える時間も増えます。

考える時間が増えることで
上達し、進化して成長すると
思います。

 

上達できるのは考える時間が増えているとき

進化成長、変化していく理由は

知識を増やすことより
行動することつまり
繰り返し踊ることが
必要です。

 

その繰り返し踊るときに
悩み考えることが
多いほど上達していきます。

 

上達すればするほど
受けるアドバイスは
前回と変化して
ときには真逆のアドバイスを
受けることになります。

そして、
あれ?前回のアドバイスと
逆だよね?

と悩むことになります。

だから
前回のアドバイスと今回のアドバイスを
比べて踊ったり、試行錯誤など
考えるきっかになります。

このように
悩んで考える時間が加算されていくことで
上達して進化成長していきます。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

簡単に結論や答えを決めずに
悩みを増やし
考える時間を増やすことで

いい効果がでる

と考えると

モヤモヤしている時間も
そんなに悪く感じなくなって
多少気持ちが軽くなると良いと思います。

 

◆悩み考えれば
 進化成長できる

ということを社交ダンスで実感して

社交ダンス以外でも
悩み考えるという思考のクセが
気持ちの負担を軽くして
気持ちが楽になることに繋がると

良いと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました