初心と基礎に戻る

上達のコツは初心と基礎に戻ること 社交ダンス

社交ダンスが上手くなってきても初心と基礎に戻る

初心に戻ることは
ちょっとむずかしいですが

基礎に戻って
練習前のウォーミングアップは大事です。

 

初心に戻るという感覚とは

初心者のときの気持ちを
思い出すことに近い感覚です。

◆周りの声を聞くこと

◆ステップの動きと
 カウントをしっかり合わせること

◆相手の動きを察知して
 相手の動きに丁寧に合わせること

 

◆音楽、リズムを慎重に聞くこと

など

基礎にちょくちょく戻ることとは

社交ダンスの技術用語の説明の
とおりに動きを確認することだと思います。

◆ブルースで
 フットワーク、内回り外回りの
 動きの確認

◆ルンバウォーク

◆立ち方、組み方のチェック

◆スパイラルの足の残し方

◆視線

など

 

ついつい音楽をかけて
相手と組んで踊ることに
時間を使いたくなります。

 

忙しい日々の中での
せっかくの社交ダンスの時間

だけれども

音楽も使わず、
相手とも組まず

 

鏡と向き合ったり
ダンステクニックの用語の
動きのチェックをする時間を
しっかりと確保しましょう。

 

初心に戻っての練習
基礎にもどっての練習

 

難しいステップが
踊れないときほど

組んで踊ること以上に

初心と基礎に戻った
練習をおすすめします。

 

難しいステップも
細か〜く分解すると
基礎の動きの連続です。

 

地味な練習ですが
初心に戻ったり
基礎に戻ったり

することはいつまでたっても
大事にしたいですね。

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも。。。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました