主観年齢(気持ちの年齢)を若く保つ方法

主観年齢気持ちの年齢を若く保つ方法 社交ダンス

空き時間を上手に調整して充実した日々にする

コロナ禍で、いつも年末の行事が
延期になったり、縮小したり、中止になったり
師走という言葉がやや薄れている12月だと思います。

 

 日々の忙しい用事の隙間時間、空き時間は
ゆったりと過ごすことも大事だと思います。

 

 そんな隙間時間、空き時間を
計画的に作り出して、

 趣味の時間や自分の身体の為に
利用できたら、より充実した
生活になると思います。

 

その一つとして、
社交ダンスを取り入れてもらえたら
と思い、今日のブログを書きます。

 今日のテーマは、
社交ダンスを踊っているという
客観的証拠で

自分が感じる年齢
主観年齢(気持ちの年齢)を若くする方法を
提案します。

 

社交ダンサーとしての主観年齢をより若く

ヒロス流考え方ですが、、、

実年齢より、
自分の動きと体力から何歳ぐらいかな?

と感じる主観年齢「気持ちの年齢」に
自分の行動が影響を受けると思っています。

 

 社交ダンスの仲間や
実生活の中で感じることは

30年ぐらい前のイメージからすると

60歳の方は、54、55歳ぐらい。

70歳の方は、62、63歳ぐらい。

ヒロス流の独特の感覚ですが、
そんなイメージを持っています。

 

主観年齢(気持ちの年齢)を若くするためには行動

自分の気持ちが若く感じると
見た目も若く見られることが多いと信じています。

 

そのためには、自分の行動が
主観年齢を若く感じる根拠・理由になると思います。

 

 無理して、激しい動きや
無理な計画、無理な運動は

危険ですが、

 

 例えば、社交ダンスを
週に1~2回踊っている。という
実際の自分の行動を客観的証拠から

「まだまだ若いな~」

って素直に思うことが重要だと思います。

 

 身の回りにいる方を
褒めたりするだけでなく

まずは

自分の行動と客観的証拠から

自分の若々しいを楽しく感じると
とても幸せなことだと思います。

 

このブログは、社交ダンス教室のブログ
だから、

☑社交ダンスを踊ることで主観年齢
 気持ちの年齢が若くなる

ということを信じています。

 

 ヒロスダンススタジオでは
■音楽のスピードを調整したり
■ステップの調整をしたり

✔楽に踊れる社交ダンス

をレッスンしています。

 

社交ダンスの楽しい音楽

社交ダンスのちょっと覚えるのが大変なステップ

を、隙間時間、空き時間を調整して
ヒロスダンススタジオにお越しください。

 

✔ダンス音楽で気持ちを明るくして

✔ダンスで筋力強化をして

✔ステップを覚えたり、思い出したりして
 脳の活性化、脳トレをして

 

主観年齢(気持ちの年齢)を
若く保つ、ちょっとした取り組みに
社交ダンスが活かされると良いと思っています。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ヒロスダンススタジオの
社交ダンスをよろしくお願いいたします。

 

 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
お問合せ担当はミスズです。
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました