ルンバ オープンヒップツイストの男性の足の位置

社交ダンス上達のコツ 微差のこだわり 社交ダンス

オープンヒップツイストの男性の3歩目

微差のこだわりは、意味がある。

そんなポイントとして

ルンバの男性のオープンヒップツイストの3歩目の
足の位置は、
◆右足の少し後ろにクローズ

つまり
右足に揃えてクローズではない。

こんな微差のこだわりを知っておくと
女性の同じく3歩目で
女性が体重を十分に前にかけることができます。

 

念の為、同じことを確認します。

オープンヒップツイストの男性
 1歩目 左足前進
 2歩目 右足に体重を移す
◆3歩目 右足の少し後ろにクローズ
 4歩目 右足を小さく後退
 5歩目 左足に体重を移す
 6歩目 ファンポジションで横へ

 

3歩目の男性のリードは、
女性が踊りやすくするために重要な部分です。

さらに

男性の3歩目のとき
右足の少し後ろにクローズと同時に
男性の左手を左腰にクローズすることで

女性が3歩目で体重をしっかり乗せることが可能になります。

 

社交ダンスの中級から上級になるぐらいのときには
このような微差のこだわりを意識して練習すると良いと思います。

 

スタンダードでは
男性も女性もノーフットライズで踊る部分も
小さなことのように感じるかもしれませんが

ノーフットライズで踊るという微差のこだわりを
意識して練習すると踊りやすくなることが多いように感じます。

 

 微差のこだわりの多くは、
相手が踊りやすくなる効果を出すことが多いです。

 

ルンバのオープンヒップツイストの男性の3歩目の
左足の位置を

リビングで、すぐにチェックしてみてください。

女性の場合も、
3歩目で体重がどうも乗り切れないな~

というとき、

男性の左足を確認してみてください。

 

楽しく踊る社交ダンスがもっとも大切ですが
上達や、楽に踊るために

微差のこだわりをもって練習やレッスンすると良いと思います。

 

雑さは、悪い 影響が多いですが

微差のこだわりの丁寧さは
良い 影響が多いです。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

微差のこだわりをもって丁寧に物事を
進めるといいと感じています。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました