ヒロス流社交ダンスのコツ

社交ダンスレッスンのコツシューズの裏と視線 社交ダンス

ヒロス流社交ダンスのコツは
ツイッターでちょくちょくつぶやいています。

よかったらフォローもよろしくお願い申し上げます。
ツイッターは、こちら

今日のブログは、
レッスンで伝えている

✔ここができると踊りやすい

という話をしようと思います。

相手の向こう側に上手に移動できるといい

ポイントは、ダンスシューズの裏です。
社交ダンスのダンスシューズの裏は
床と接する大事な部分。

ここは、シューズを回転しやすい材質になっています。

 スタンダード(モダン:ボールルームダンス)の外回り

男性も女性も同じです。踊っているときの外回りのステップの時

✔外回りのときに踏み出した1歩目のシューズの裏を回転させることです

ここがポイント

外回りのステップの一歩目のシューズが
1.床に着いたら
2.そのシューズの裏を使って
3.そのシューズのかかとの向きを変える

ということです。

外回りのときの2歩目をどこに着くのかを
考えるのではなく、

1.踏み出した1歩目のシューズが回転してから
2.2歩目は、1歩目のジュースの横や
  斜め後ろに着くということです。

ラテンのキレの良いターンのとき

ターンをして相手の向こう側に移動したり
男女が入れ替わるときや
スポットターンなどターンのときも
シューズの裏をシュッ、シュッと回転させる
ことで回転のキレが良くなります。

✔相手の向こう側に行くとき2歩目のシューズが
  内股になって着いていないかを確認してみてください

 

モダンもラテンも重要なことは シューズの裏をいつでも回転できる位置に 立っていることです。

 

視線を意識した踊り方が大事

社交ダンスを踊っているとき、

✔前進のステップなのか後退のステップなのか

✔回転のステップなのか

を区別して筋肉を使うことが大事です。

その時、視線、見ている景色の移り変わりを
意識することが大事です。

直線に移動してから回転

このとき、視線はまっすぐ進行方向を見続けて
前半のステップを移動することが大事です。

回転の動作が始まる前に視線=顔を
回してしまったりすると良くない場面がほとんどです。

回転中の景色の移り変わり

回転中なのに、視線が固定されている
見ている景色が、さ~、しゅ~ってなめらかに移り変わっていますか?

みている景色、視線が固定されていることがありませんか?

回転中なのに視線を止めてしまうことで
ステップ前半に回転のパワーが落ちてしまいます。

 

 ヒロスダンススタジオの社交ダンスレッスンは

たっぷり踊りますが、

ちょくちょく細かなこともコメントさせていただいております。

社交ダンスでも、日常生活でも、ビジネスでも
基本は大事、基礎は時々振り返りと確認

そんな考え方でレッスンしております。

 お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ担当は、ミスズです。

静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
 
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました