ダンス上達のコツ 心のあり方と集中力が大事

社交ダンスのコツと心のあり方 社交ダンス

ヒロス流考え方について話します。

今日の話は、先日ヒロスダンススタジオのTwitterで
つぶやいたことです。

それをちょっと深堀りしようと思います。

社交ダンスを楽しむ際の意識を整えましょう

社交ダンスを練習するときやレッスンを受けるときの
心のあり方は。。。

・やる気、熱量高く踊る
・自分はうまくなれると信じる
・踊る相手との人間関係は上手にやっていける
・達人レベルになるまでは、練習時間に比例するだけ
・誰もが何歳から始めても社交ダンスは上達する

ますは、この5項目を信じて社交ダンスを楽しみましょう。

集中して踊る、夢中に踊るコツ

やる気、熱量(情熱)がわきでてくるときは
集中できているときや夢中に踊れているときです。

ヒロスダンススタジオでは
・音量を大きめにすること
・無理のない音楽のテンポまで曲のスピードを落とすこと
で、安心して踊りに集中できるように工夫しております。

音楽をしっかり聞くことで集中できる

 流れている音楽をしっかりと聞くことで
まずは、集中できます。

 音楽はしっかり聞けば、音楽にかなり集中できます。
BGMとして流す感じではなく、
好きな音楽を聞いているときのあの感覚です。
音楽には脳を集中させる不思議な力があると思います。

相手とのコンタクトに注意することで集中できる

■組んでいる手の圧力だけに集中してみることや

■男性と女性のボディーが触れ合う圧力が
一定でおどっているか集中してみることや

■ボディーが触れ合っていないで踊るときには
 その距離が近づいたり離れたりしていないか
 相手とのボディの距離が一定で踊れているかに
 集中したりすること

など、踊っているときに、ワンポイントだけを
始めから最後までそのワンポイントを意識することで
集中して踊れると思います。

一箇所ワンポイントだけ意識して踊る効能

 集中して踊れるというメリットの他に
あれもこれも気にしないでいられることで
意外といつもよりいい踊りができることが多いです。

 踊っているときの様々なポイント
例えば、前進の瞬間は、ココに注意とか
姿勢に注意しようとか、左肘の高さに注意するとか

一曲の中であれもこれも注意しないことが大事です。

一曲のなかでは、最大2つまで。
それ以上は、注意することを決めないで踊るといいと思います。

☑こだわりは、注意する点をおどりはじめの
 30秒だけにならないことです。

 

1分~2分の一曲の終わりまで忘れないことです。

踊り終わるまで、しっかりと、
その一箇所もしくは2箇所だけを忘れないことです。

 

 社交ダンスの踊りに集中することで得られるさらなる効能は、

☑脳がリラックスできるということ

 社交ダンスと脳のリラックスについては
以前のブログ:こちら の記事をご覧いただけますでしょうか。

 

今日のブログは、
 社交ダンスを踊るときの心の在り方と
 社交ダンスに集中する方法についての話でした。

上達を信じて、踊りにに集中することで

社交ダンスが
日常生活の気分転換と
人生を豊かにする時間になるといいと思います。

 

P.S.

 社交ダンスを今よりも少し楽しくするためには

上達を目指すことだと思います。

 どこまで上手に踊れるようになっても
✔上達、もっと上手になることを目指す

その繰り返しが楽しいと思います。

 ちょこっと人に教える場面が
家庭内であったりすると素敵なことだと思います。

 

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました