ステップとカウントの言語化の重要性 ダンス上達のコツ

ダンス上達のコツ 言語化 社交ダンス

ダンス上達のコツ 言語化 

行動を言語化することの

大切さについて話します。

具体的には、

ステップの名前と、
カウントを言えるようにしましょう。
 ・ここからは、回転のステップだ
 ・ここからは、前進のステップだ
 ・ここからは、内回りの役割だ
って分かるようになります。

 

 社交ダンスが徐々に踊れるように

なってくると、3小節程度の連続した

ステップの”塊の部分”が増えてきます。

 

初級、中級では、ステップとステップの

間には、ベーシック(基本)的なステップが

入るので、ステップの切れ目がわかりやすいのですが。。。

 

連続したステップの時、

言語化できますか?

ここの足からこの足までが

〇〇ステップで

ここからが〇〇ステップ、

最後は、〇〇ステップでつなげて終わり。

 

ステップの句切れがわかれば、

・今、自分が外回りだ~

・今、相手の外に出るんだ

・ここまでが前進で、次が回転なんだ。

 

という理論的に、分解できると

踊りやすくなります。

 

一人で踊る(シャドー)の時でも

★ステップ名だけでなく、

★カウントも

しっかりと言語化して

口ずさんで

練習してみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました