シューズの裏の回転

ダンスシューズ 社交ダンス
社交ダンスのコツ シューズの裏の回転 静岡市の社交ダンス教室

こんばんは。ヒロスです。

 今回のブログ 一言で言えば

 ダンスシューズの裏で回転しよう

 

社交ダンスでは、1~3歩で
男女が入れ替わったりします。

着く足が内股になったり、
がに股になったりしているのではないです。

体重が乗るか乗らないかというタイミングで
ダンスシューズの裏を回転することが大切です。

どこに足を着こうということではなく、
踏み出した足のシューズの裏を滑らせるのです。

一歩踏み出したダンスシューズのかかとの
向きをどちらに向けるのかが重要です。

 

ヒロス流 社交ダンスのコツ

 身体の向きを大きく変える時、
床についたその足(シューズ)の
 かかとを移動したい方向に向ける。

踊っている時、床に近い部分から
進んでいきたい方向に向けて踊りましょう。

向きを変えていく順番(ヒロス流)
シューズ、腰、肩、顔です。

足(シューズ)の向きを変えて、足をそろえて見てください。
勝手に身体の向きが変わります。

 

 社交ダンスのコツ、
 ヒロスダンススタジオのレッスン内容は、

ツイッターでつぶやいております。

ツイッターはこちら

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました