やっぱり経験が必要 社交ダンスの不安解消

知っている知識技術の組合せが大事

社交ダンスを少し踊るために

基礎的な知識は必要です。

 

その次に、

やっぱり経験も必要です。

 

それと、覚えたステップを
その場、その場で
でぶつからず、避けながら踊れるようになるために

自由にステップを組わせるコツも大事。

という話しです。。

 

 

社交ダンスに慣れてくると
自分だけ(自己中心的)の都合で踊らなくなります

つまり、

✔2人で踊る原理

✔2人で踊る方法

を徐々に意識するようになってきます。

 

その間には、何度も相手の足を踏んだり
膝をぶつけながら、

経験を積むことが”どうしても”
必要です。

 

経験を積むことの
具体的な例としては、

 

✔いつもの練習場所・教室(スタジオ)
  と違うところで踊る

 

というちょっとした【違い】も
大事な経験になります。

 

違う場所で景色が違うフロアーだと

◆踊りの順番や回転量

◆フロアーのコーナー(角)からコーナーまでの
ステップの順番がわからなくなったりもします。

 そのために、

普段の練習場所・教室でも

✔踊りはじめの場所を変えたり

✔途中のステップから踊り始めたり

することで、違いに対しての

経験を重ねることができます。

 

 本番というか
実際の社交ダンスの場面では

知らない方と踊ることや、
その場の自由なステップの順番で

社交ダンスを踊れるようになるためには、

 

特に男性は、

✔ステップの基礎を身につけておくこと

✔周りの状況に合わせた
 ステップの順番を組み合わせることが 
 できること

が重要になってきます。

 

 しっているステップの
【組み合わせ】の能力が必要になります。

 

新しいステップを作ることではなく、

その場、その状況、相手の技量に合わせて

☑ステップを組み合わせていくこと

が大事な”役割”になります。

組み合わせをどんどん作れることが重要ということです。

 

社交ダンスでも、日常生活でも
ビジネスでも

新しいステップ(新しい原理)を
見つけることは、難しく、それのことが
重要になることは、極めて、まれです!!

 

持っている知識原理の組わせ

その都度、毎回作っていくという
意識をもつと良いと思います。

 

しらない、わからい、リードできないステップを

もっともっと覚えることが大事ではなく

 

知っている、わかっているステップを

の組み合わせの思考がとても重要になります。

 

思い出すこと・できるということよりも、

ステップの順番を

✔組合せる能力

身につけることが重要だと思います。

 

社交ダンスでも、
家庭でも
ビジネスでも

 

新たな発見、新たな知識のインプット

よりも、

現時点で知っているステップを
どれだけ多く組合せる能力を持てるかが大事だと思います。

そして、新しい組合せをどんどん作っていく
意識も大事ですね。

 

 

ヒロスダンススタジオでは、

■基礎的なステップの順番
■実用的な踊りができるコツ

ステップの組合せの能力を
高められるようレッスンを
心がけています。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

また、よろしくお願いいたします。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください