小さく分解することそのつなぎ目も重要

静岡市メンターヒロス流考え方 メンター

問題を小さく分解したときのそのつながり部分が難しい

社交ダンスでも
 日常生活でも
  ビジネスでも

 問題解決のために
小さく分解してもうまくいかないとき

☑その小分けにした、分解したもの同士の
 つながり部分、つなぎの部分
 課題があると思います。

 

うまくいかなかったり
 トラブったときには

✔物事を小さく分解してみると
 解決策が見つかりやすいと思います。

 

しかし、

 それでも、つなぎ合わせると
うまくできない。。。
ということもあります。

 小分け分解したときの
つなぎ目、受け渡しの部分を
少し調整してみると良いと思います。

 

各ステップが上手にできても組み合わせると一気に難しくなる

社交ダンスでもステップとステップの
つなぎ部分が原因で上手に踊れない時もあります。

 

 ルーティンをステップごとに復習したり
一つのステップをさらに分解して
小さく復習と確認した時には
上手に踊れるのに。。。

ステップをつなげると
なかなかうまく踊れないときがあります。

 

その原因は

☑ステップとステップのつなぎ目部分の処理が
 上手にできていないからです

 

同じステップでも
その次に継続するステップによって
そのステップとステップの間の
つなぎ目部分の動きに調整が必要だからです。

 

ステップだけでなくホールドにおいても同じ

 男女で組む状態においても

男性、女性がそれぞれ一人で立って
組み方を確認しても

いざ男女が組んだときに
しっくり組めないときが多いと思います。

 

このときも、
男性と女性の
■コンタクト(触れ合う部分)
■つなぎ目部分の圧や強さ、位置

などの2人で組んでみなければわからない
つなぎ目部分の調整が必要だからです。

 

トラブル問題の解決方法につなぎ目(会話)

 問題解決、うまくいかない。。。

そんなときは、

1.先ずは、現状分析

2.現状を細かく分解してみる

3.分解した中に解決策がなかった場合は
  そのつなぎ目、つなぎの部分を
  修正してみる

 

カップル同士
人間関係でも同じような部分があります。

 

それぞれの人が正しくても
なんとなく、しっくりいい感じにならない、、、

 

そのつなぎ目、つながり部分
である”会話” を 少し工夫してみると
良いと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました