自分を客観的に見られるようになる方法

自分を客観的に見る方法 ヒロス流考え方

社交ダンスに限らず、

その他のダンスも、スコプレなども、

鏡や写真で自分の姿をちょくちょく見ることは、

メリットがあると思っています。

一番のメリットは、

自分を客観的見れるようになること

だと思います。

ダンススタジオには、ある大きな鏡があるので、
ちょくちょく自分の姿を見ることができます。

 

・自分の表情のチェック
・自分の衣装チェック
・手足の動きチェック
・姿勢のチェック

これは、誰もが分かることですが、、、、

 

 

全身が映る大きな鏡で自分をうつして、

何度もあちらこちらをチェックしていくと、

鏡に中の自分が他人に見えてくる感覚

になると思います。

この現象が大事です。

 

社交ダンスの動きも

日常生活の言動も

ビジネスの場でも

✔客観的に自分を見る能力は大事です

 

客観的に見るクセがつくと

・言動が穏やかになる
  攻撃的・批判的にならなくなる。

・自分の思考のクセに気づきやすくなる

・他人にも、自分にも優しくなれる。

✔気持ちを軽い状態で過ごせるようになる

 

といったメリットがあります。

 

 客観的に自分を見ることができるように
なるのは、大変ですが、、

まずは、全身を写す鏡を用意して

鏡にうつる自分を別人って見ることができる

時間を作ることから初めてみてください。

 

考え方だけで、自分を客観的に見られるようになるには、
すごく大変だと思います。

 

まずは、全身を鏡で写して、何度も見ること

 

すでに、

ダンスや、衣装チェック、表情、動きのチェックを
習慣にしている方は、

✔客観的に自分を見るトレーニング

を自然とやっているんだ~って気づくことが大事です。

 

✔笑顔・顔色
✔姿勢・歩き方
✔体型・目線

などを、鏡に映った自分の姿(他人のようにみること)で
チェックしましょう。

今日も、調子がいいかな???って。

 

鏡を見て自分を客観的に見る習慣をつけると
日頃の自分の言動、姿も、客観的な視線で
自分を見られるようになると思います。

 

大きな鏡で自分をたくさん見るようにしましょう。

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

自分を客観的に見られるように
なるには、とても大切な習慣だと思います。

 

ヒロス流考え方でした。

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました