自分のブランド化について

自分のブランド化を目指す ヒロス流考え方

日常生活でも
社交ダンスでも
ビジネスでも

一貫性を持った自分でいること。

これが一緒に過ごすパートナー
仲間から信頼される生き方だと思います。

自分のブランド化の話をしたいと思います。

自己ブランド力UPは一貫性がポイント

◆社交ダンスをしている時は立派だけど
 →日常生活はだらしない。。。

◆家の態度はこうなんだけど
 →外だとあんな感じ。。。

◆人に指摘する時は厳しいけど
 →自分が指摘されるときは不真面目

 

こんな感じは避けたいですね。

会う人によって態度や思考の癖が変わる
態度や言葉が変わるのは

身近な人からの信頼もよわまり、
特に自分が自分を信用できない状態になるので注意したいですね。

一貫した態度や行動が大事

状況や理由も時々違う。

だから仕方ないかもしれませんが

可能な限り
家でも、外でも
朝でも、夜でも

身近な人が”不快”になるほどの
言動の違いしていないか

セルフチェックを忘れないように
意識したいことだと思います。

恥ずかしさと自己反省がポイント

社交ダンスなど
スポーツの場面ではわかりやすいです。

・こうすればいいのにな~

などと相手のことを評価した
その直後自分も同じミスをしてしまう。。。

そんな時

「恥ずかしいーなー」
「人の世話の前に自分の世話」

って、思えるか思えないかが
大事だと思います。

他人へのマイナス評価の直後に
自分も同じ状況になると

◆自らの信用を失います

人間ですからこんなことも
ちょくちょくおきてしまいます。

 

自分の本質ブランドのポイントは絞っておく

これだけはというポイントだけにこだわることが
大事だと思います。

その数は少なめでいいと思います。

社交ダンスでも
✔達人レベルを目指すステップ

✔このステップのフットワークだけはこだわる

というように、自分の踊りの本質的な部分
大事にするポイントを絞っておくことで

自己ブランドづくりの堅苦しさから開放されると思います。

本質、理想となることは、絞り込んでおくことが
自分らしさを理想の方向に進めやすくすると信じています。

 

・これもあれも完璧に
・他人に何も言わず批判もせず
・他人から批判もされない

ということではなく

自分の本質に影響ないところは
やや不真面目というか、
良い意味で良い加減でOKにすることです。

 

今、緊急事態宣言が解除され
ふと周りの方を見渡すと
すごい人ばかりが見えてきたり
輝いている人がいたりして
なんとも言えない不安が時々襲ってきます。

その上

”問答無用な”事実としての自分実績を振り返ると
恥ずかしいことばかりですが
それでも、、、

◆理想の社交ダンス

◆理想の自分

をイメージして

日々
✔今やっているいいことは継続して
✔まだやっていないいいことを初めて
✔今やっている悪いクセを直して
✔今後ミスをしていように注意して

社交ダンスも
日常生活も
ビジネスも

進めていきたいと思います。

今回の約2ヶ月の自粛臨時休業が
ヒロスダンススタジオと
私たち自身と皆様の

ブーストアップのきっかけになるといいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

P.S. 2020年5月14日
  スタジオ再開を告知しました。
  記事はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました