自分と踊りたいと思う踊りをする

今の自分と一緒に踊ってみたいか ヒロス流考え方

今日のブログは、

こうしたらいいと思います。

というヒロス流考え方です。

まずは相手の立場に立って考えて見よう

という話です。

 

社交ダンス編

相手の立場になった時

☑今の自分と一緒に踊りたいと思う社交ダンサーになる

 

ビジネス編

相手の立場になった時

☑今の状態の自分と一緒に働きたい
  と思うに人になる

 

日常生活編

相手の立場になった時

☑今の状態の自分と一緒に過ごしたい
  と思うに人になる

 

 

まずは、今の自分をちょっと観察して

「こんな自分と一緒に踊りたい」

と考えることが大事だと思います。

 

 ちょっと目標を持って過ごすことが
大事ということです。

 

社交ダンスのリードやフォローも
相手が自分の動きをどう感じているかな?

って想像しながら踊るといいと思います。

 

✔自分が踊りやすいように

自分が上手に踊れるように

と、同じぐらい

✔自分と踊っていて相手は

 踊りやすかな?

って考えてみましょう。

 

今日は、

ヒロス流考え方

相手の立場に立ってみて

☑今の状態の自分と一緒に過ごしたい人になろう

という話でした。

 

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました