答えられない理由 助言が活かされない理由

聞き方のコツ ヒロス流考え方

聞き方のコツ

おはようございます。

こんにちは、そしてこんばんは。

今日もブログを見ていただき
ありがとうございます。

 

☑考えていないことを質問されると
   すぐに答えられない

☑興味ないことを質問されると
   すぐに答えられない

 

そんな経験ありませんか?

 

 

社交ダンスでも、日常生活でも、
ビジネスでも、

伝える側(質問する側)のコツとして

◆相手が考えていること

◆相手が気にしていること

◆相手がうまくできていないこと

◆相手が悩んでいること

◆相手が知りたがっていること

◆相手が直したがっていること

◆相手が苦しんでいること

 など、相手自身が気にしていることを
話し合ったり、聞いてあげたり、
質問、アドバイスをすることです。

 

☑相手が意識、気にしていないことに
 あなたがせっかく声がけしても
 相手は、答えづらいと思います。

☑一方で、上の◆のように相手が
きにしていることを知って、
または、気づいて、
話をすることは、すごく大切だと思います。

 

ココまでは、【話す側】にたった話ですが、

【聞く側】の意識もすごく大切です。

【聞く側】のコツについて

■相手、周りの方に数多くアウトプットしておくこと

■今の自分の興味を周りの方に発言しておくこと

■悩みを発信(アウトプット):知らせておくこと

■うまくいかないことを発信すること

■今の自分の考え方、頭の中で
 気にしていること

 などを、しっかりと
身近な人、パートナー、先生、
コーチに発信(アウトプット)することです。

 

 あなたが、救われる、

 あなたが、一言で変わりたい

ならば

あなたが聞いた一言が
身に沁みなければなりません。

 

そのためには、あなたが

今、気にしていることについて
周りから声かけてもらうことです。

 

気にしていることについて
相手から言われると
・しっかりと聞けるし
・相手の発言が素直に、
 頭に入ることが多いです。

 

【伝える側】

【聞く側】

それぞれ意識して
コミュニケーションをとることで
・人間関係
・カップルの関係
・夫婦の関係
・職場の関係

がより良くなるといいと思います。

 

社交ダンスから学んだ
 ヒロス流考え方でした。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました