社交ダンス上達のコツ ミスを減らすこと

ミスをしないをテーマにした社交ダンス練習 ヒロス流考え方

ミスを減らすことも大事

テクニックを使って
社交ダンスを上手に踊ろうということではなく

◆ミスをしないように踊ろう

ということで踊ることも大切です。

 

テクニックを増やす磨くではなく
ミスをしないように踊るということです。

 

社交ダンスのミスとは

社交ダンスのミス。。。

社交ダンスのミスとは、
足の位置、身体の向き、回転量やフットワーク
ライズ&フォールやNFRなどの
基本ルールや、そのステップを
初めて学んだときの注意点を守れていないことだと思います。

たとえば

◆ルンバの男性
 ファンポジションからステップを
始めるときに、女性から視線を外してしまうミス

 

◆ワルツの女性
 ウイスク(ほいすく)2歩目の足の向きを
中央斜めにしないというミス

 

◆タンゴウォーク(男女ともに)
 左にカーブして踊らず
まっすぐに踊るというミス

 

◆スローフォックストロットの男性
 リバースターンの5歩目のとき
 身体を壁斜めに一気に面してしまうミス

 

など

ミスをしないように気をつけることの
連続意識が
結果的に

上手く社交ダンスが踊れるようになります。

 

テクニックを磨く
こうしたら良い。
という技術の向上=上達だけではなく

ミスをしないこと

の意識をもって練習をしてみましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました