社交ダンスの踊りでも大事な「真善美」

真善美の意識はダンスでも大事 ヒロス流考え方

社交ダンスの踊っている以外のときも「真善美」は大事

真善美

真:わかりやすい素直さ
善:正直さ
美:美しさ

リードでもフォローでも
踊りの動作では、大事です。

 それ以上に大事なことは
練習のとき
一緒に踊るとき
踊っていないときの
会話や振る舞いにおいても

真善美を大事に考えることで
カップルの関係も良くなると思います。

 

社交ダンスでの真善美の「真」

真実、誠意の踊り。

相手の体力、経験に合わせた
ムリのない、リードとフォローの
意識だと思います。

 ブルースでも、ワルツでも
タンゴ、ルンバでも

 いきなり一歩を踏み出す
いきなりの前後、左右の移動ではなく

✔まずは、片方の脚に体重のせた状態
 男女のスタートの準備完了を
 しっかりと確認しましょう。

✔ちょっと足首、膝を曲げて
 それから始めの1歩目の移動を
 しましょう。

モダン(スタンダード)でも
ラテンでも

 体重の乗っている脚や腰を
曲げたり高さを変えたりして
一歩目の脚を出す動かしましょう。

 相手を思った
誠意ある、動き出し
誠意ある、リードとフォローが
大事です。

 

社交ダンスでの真善美の「善」

今日のブログは
かなり哲学的なことになりますが

続いて、真善美の「善」

リードやフォローや動きを
心の中で言葉にするということ
だと思います。
✔心(頭)と動きを正しくするという意味
で考えてみたいと思います。

 

 たとえば、男女ともに
前進のときには、
心の中で「前進」

回転のときには
心の中で「回転」

など、

✔「動き」と「心(頭)の中」を
 一致させることです。

 いま、自分の動きが
◆前進なのか
◆後退なのか
◆回転のステップなのか

心(頭)や、脳からの
筋肉、骨格への
司令(信)を動きと一致させることが
自分の中の「善」だと思います。

思いと意識と動きを一致させる
という、
 正しい意識=善
の意識を持って
踊ると良いと思います。

 

社交ダンスでの真善美の「美」

男女それぞれ自分の踊り
というより、

✔カップルでの美しさを
 意識することだと思います。

 

社交ダンスは、2人で組んで踊って
美しく見えることが大切です。

 自分ひとりの美しさは
シャドーや、個人練習で
「美」を整えることは
基本的なこととして

ここでの真善美の「美」は

カップル(組んだ状態)での
「美」を意識しましょう。

 

 凹凸とそれぞれの美しさが
違いますが、

上下合わせるとピッタリと合わさり
きれいな四角形になります。

 

☑社交ダンスの場合も

 男性と女性の立ち方
フォーム、形が違った状態で
状態で組むことで

美しくなるということです。

 

 美しく組まれた状態から
男女がゆっくり離れたときの

男女の単独の菅や形、フォームは
美しくないことも多いです。

 

社交ダンスでの
真善美の「美」は、

2人で組んでいる状態
2人で踊っている状態で

意識すると良いと思います。

 

今日は、社交ダンスの中での

真善美について

ヒロス流考え方を書いてみました。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◆主に社交ダンス教室です
         日曜日の社交ダンスレッスンも可能です
 
◆貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◆貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
静岡市清水区村松699-1
 
【電話はこちら】
 
【メールはこちら】
 
『ネットでみました』でお話ください。
   電話・メールをお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました