社交ダンスの暗記と記憶とその効能

社交ダンスの暗記と記憶で脳の活性化 ヒロス流考え方

社交ダンスのステップの暗記と改善ポイントの記憶

社交ダンスは

1.新しいステップを暗記と記憶

2.注意点を暗記と記憶

この2つを上手にやれると
社交ダンスが上達しやすくなります。

 

さらに

社交ダンスが脳の活性化に良いという
理由にもなることが
「暗記」と「記憶」です。

社交ダンスの上達には
暗記と記憶が上級者になっても大事です。

◆暗記とは:
新しいステップやルーティンを覚えること

◆記憶とは:
思い出せること忘れないこと
ずっと覚えておけること

 

社交ダンスの暗記(覚える)こと

暗記(覚えること)は、
単純にステップやステップの順番ルーティンを
覚えることです。

ステップやルーティンを覚えると
社交ダンスが上達しているということが
実感しやすいです。

 

新しいステップの暗記(覚える)を大量に繰り返す

まずは、大雑把に
繰り返してみてください。

数歩のステップだったら
30回一気に繰り返してみてください。

数歩のステップは、
この大量の繰り返しがいいです。

 

次々と新しいステップを暗記したり
長いルーティンを覚えるときは

新しいステップ
付け加えたステップの部分の
反復だけでなく

◆その前に覚えたステップから
さかのぼって反復することが大事です。

たとえば

新しいステップA、B、Cが
あったとき

ステップA を30回
ステップB を30回
ステップC を30回

ではなく

ステップA を30回
ステップA+B を30回
ステップA+B+Cを30回

という方法で暗記、覚えてみてください。

 

注意すること改善したことを思い出すこと

注意すれば上手に踊れるのに。。。

次に踊ったときに
その注意点を忘れてしまったり
そもそも思い出せないということが
社交ダンスの上達を遅くします。

 

こうしたら上手に踊れるよ
こうしたら楽に踊れますよ

という注意点や改善点を聞いた
直後のレッスンや練習では上手に踊れることが多いです。

繰り返しになりますが、
問題は、

その次に踊ったときに、
その部分に差し掛かったときに
思え出せるかが重要です。

 

具体的な
記憶=忘れないようにする方法は

◆口にだして、
ブツブツ言いながら
踊ってみることをおすすめします

たとえば

「ここは、肘に注意」

「顔の向き〜」

「背筋〜」

「ヒールを高く〜」

 

声に出すというアウトプットして
注意点や改善点を自分の耳に(声)音で
入れながら
踊ることを繰り返してみてください。

 

このように注意点、改善点を
声に出しながら踊ることで
忘れない
思い出せる
ということで
社交ダンスが上達していきます。

 

そして、徐々に
注意点や改善点の踊りが
身につくことで
思い出すということが
必要なくなります。

 

無意識的に
注意点や改善点を
踊れるようになるまでの期間は
◆忘れないこと
◆思い出すこと

のために声出しが大事です。

 

踊る場所や向きや頭の中で踊る

ステップを覚えること

注意点、改善点を忘れないこと

 

1.大量に繰り返す

2.注意点や改善点を
  声に出しながら踊る

 

最後に、もう一つのポイント

 

◆場所を変えて最終確認

 

スタートする位置や向きを
変えたり

新しいステップや
改善したいステップを
踊る向きや位置を替えて
踊って記憶の定着させましょう。

 

場合によっては

実際に踊るのではなく

頭の中のイメージだけで
踊ることもいいです。

 

イメージで繰り返したり
注意点を踊れることができるようになったら
達人に近づいている証拠だと思います。

 

暗記すること、覚えること、忘れないこと
頭の中でイメージすること

これらの行為は
すべて脳の活性化に役立つと思います。

社交ダンスのステップを覚えながら
上手に踊れるポイントを思い出しながら

脳の活性化の健康にも役立つといいと思います。

 

今日は、社交ダンスの上達のコツを暗記と記憶についてでした
実践すれば
脳の活性化にもつながりますね。

 

◆大量に繰り返すこと

◆声に出して踊り
 思い出すこと

◆頭の中でイメージしたり
 場所を替えて記憶を定着させること

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました