社交ダンス 中級から上級へのコツ

静岡市 社交ダンス ダンス教室 ヒロス流考え方
レッスンで使用しているテキストです

静岡市 社交ダンス ダンス教室
写真は、レッスンで使用しているテキストです

今回のブロクは、

中級から上級への段階は、
一度大きく混乱する
だからどうしたらいいのか

ということを話します。

 

社交ダンスでもビジネスでも
10年目ぐらいまでは、
取り組む時間に比例して、
・単純な慣れで、
やれる(踊れる)ようになってきます。

 10年目以降になると
周りの人に教えたり、
する機会が増えてきます。

 

 だいたいこの段階が
上級へのレベルアップの入り口。

感覚を言葉にしたり、
感覚的、慣れでやっていたことに
理論的表現が不可欠ということに
気づく段階です。

 

単に慣れたのではなく、
上達や、技術が高まったという
上級になるためには、

この段階で一旦、成長スピードを
緩やかにしましょう。

 

基本動作、
基本的なことを考えましょう。

 

☑大きくジャンプするときに、
 一度沈み込む 

☑大きな建物を立てるときに、
 一度深く基礎を掘る

☑大きく投げるときには、
 一度大きく引く

 

社交ダンスでも、ビジネスでも

中級から上級になるときには、
一旦基礎(感覚的には、マイナス)の
部分の理解や練習に戻りましょう。

 

 社交ダンスでは
中級から上級にステップアップする時、
今までの基本的な動きの
解釈が、
☑ これまでと真逆のことじゃん
っていうレッスン内容に変わるときがあります。

 

中級から上級に進化する時、
慌てた感じの進化を止めて、

少しマイナスと感じる期間を
持てるなら

中級者の1/3が上級者にいけると

思います。

 

以上、社交ダンスから学ぶ考え方

上級者になる時の考え方
 この段階は、成長を緩め、
基礎の確認をしましょう

でした。

 

また、社交ダンスから学んだ、

日常生活、人間関係、ビジネスに
役立つことなど

ヒロス流考え方を話したいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました