最善主義者になること/ゾーンを持つこと

最善主義者であること ヒロス流考え方

社交ダンスを楽しく踊るコツ

   は、

楽しく生活するコツ 

 

完璧を求めないこと

完璧主義者から
 最善主義者になること。

 

例えば、社交ダンスの場合

◆ルンバのファンポジションからの1歩目のタイミング

◆タンゴのフォーラウェイリバース&スリップピボットのタイミング

 

男女ともに、お互いに完璧なタイミングを
求めるとその部分だけの練習になって

他の練習ができない だけでなく、、、

イライラした状態で練習が終わる。。。

 

 社交ダンスでも
 日常生活でも
 ビジネスでも

 

完璧主義者から、

最善を尽くす過程を評価する

✔最善主義者になることを心がけること

 

もう一つ いい感じ悪い感じの分かれ目を

境界線にしないこと、

つまり、社交ダンスで言えば、

ちょっと早くてもダメ!!
ちょっと遅くてもダメ!!

 完璧ということでな無く、

合格、不合格の境界線
良い、悪いの境界線  で考えないで

ゾーンで境界を分けるということ。

ちょっと早い、
ちょっと遅いのゾーンの範囲内なら、

合格。良いと考えるといいと思います。

 

今回のブログのまとめ

1.完璧主義者より、最善主義者を心がけること

2.良い悪いというエリア分けを
  線ではなく、ゾーンで境界を考えること

 

というちょっと、短めなお話でした。

 

・社交ダンスを気持ちよく練習するためにも、

・日常生活を気持ちよく過ごすためにも

・ビジネスを安心した気持ちで取り組むためにも、

 

☑最善主義者を心がける

☑線ではなくゾーンを持つこと

 

この2つをちょっとメモ書きして、

見えるところに置いておいてくてください。

 

社交ダンスから学んだ

 ヒロス流考え方

    でした。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください