幸せの気づき方と感じ方のはなし

幸せ感の気づき方と感じ方 ヒロス流考え方

幸せに気づき感じて感謝して過ごす

幸せを意識して過ごさないと

せっかくの今、目の前の”幸せなできごと”にも
幸せに気付けないと思います。

 

だから

自分なりの幸せ感の定義を
持っておくほうがよいと感じます。

 

人それぞれですので
ここでは
社交ダンスを通じてヒロスが感じる
幸せ感について書きます。

 

人それぞれという前提ですので
社交ダンスから学んだヒロス流考え方です。

 

つながりと優しさからの幸せ

社交ダンスは、相手と組んで踊ります。
音楽を聞いて相手と一緒に踊る。

◆人との繋がり感

が幸せだな〜って感じます。

一緒に踊ってくれてありがとう。
という感謝の気持ちの延長から得られる
幸せ感。

 パーティーでも練習でも競技会でも
一緒に踊れる人とのつながりを感じることが
幸せだな〜って思えるときの一つだと思います。

 相手の自分のダンス経験の違いから
自然に相手に対して優しい気持ちも発生して
素直な自分になれる感じが
幸せなことだと思います。

 

学習と上達を味わえることから得る幸せ

もっと上手になりたい
もっと楽に踊りたい

新しいステップを覚えたい

という目標をもって少しずつ成長していると
感じられることの幸せ。

 ひさしぶりに一緒に踊った相手から
「うまくなったね〜」
なんて言われたら幸せな気持ちになりますね。

 

 上達や競技会の級を上げたいという
目標をもって過ごせていることでも
幸せ感を得られます。

 テクニックを学びたいという
学びをしている時間も幸せを感じます。

目標もなく、過ごしている日々は
なんとなく不安を感じるからです。

 不安すくない生活を送るために
何かを勉強していると安心感が生まれ
それと同時に学習するものを持っているという
幸せ感も気付けるといいと思います。

 

ポジティブ思考前向きな気持ちになれる自分が幸せ

社交ダンスは、なかなか難しいです。

相手がいることだからです。

 

だから、練習したりレッスンを受けても
完璧に踊れることはほとんど無いと思います。

 レッスンや練習でも
何度も同じことを指摘されたりして
また同じことを言われてしまった。。。

ということの連続です。

 そんな状況で得られることが
そんなもんだね。
また今度気をつけよう

というポジティブな思考を何度も
繰り返すことになります。

 

 60点でOK。今は、50点でもいい
今度こそ90点目指します。

今度こそ、うまく踊ろう

 社交ダンスでは、この思考を
何度も何度も繰り返すと思います。

 この繰り返しによって
ポジティブ思考のクセ
前向きな思考のクセが

じょじょについていくと思います。

 

何かあって、気持ちが思いっきり沈んでいる時

自分で前向きな思考になれた時

苦しみが軽くなり前向きになり
幸せな気分を味わえると思います。

 

趣味を持っているという幸せ感

日常生活もビジネスも忙しい

そんな日々において

◆自分は夢中に取り組んでいる趣味がある

ということで幸せを感じられると思います。

 

趣味を持って取り組んでいること
趣味に取り組める努力ができている

趣味で活き活きとした自分らしい時間が持てている
趣味に取り組める健康な状態

そんな気づきも趣味をもっているから
感じられる幸せだと思います。

 

日常生活でもない
ビジネスでもない

お金にならないのに夢中に取り組める

時間を作って、場合によっては
お金を払って過ごす趣味の時間。

 

趣味を持っていることで

幸せを感じられます。

 

幸せの感じ方は人それぞれです。

それでも、自分なりの幸せのイメージを
もって生活することで

今、実は、幸せだよね!

って自分で自分の幸せな瞬間に気付けることが
増えると思います。

 

今日は、
ヒロス流 幸せの感じ方、気づき方の話しでした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました