問題解決のその先のレッスン

ひろす流 問題解決 その先のレッスン ヒロス流考え方

普通のレッスンでは、

問題解決の話しが多いと思います。

 

■ここが上手くできない

■ここが踊りにくい

■ここのカウントがわからない

■あのステップがわからない

 

 質問、疑問を解決したい
という要望に答えることが
レッスンの主になることが多いと思います。

 

レッスンを受けたいという積極的な方なら
特に質問疑問を抱えてレッスン
向かうことが多いからなおさらだと思います。

 

 だから、教える側としては

✔どんな質問でも答えられること

で、”教える”というレッスンの満足感
得ている部分もあると思います。

 

もちろん、指導する側の満足感より、
お客様(生徒さん)が、上手になって
喜んでもらうことが最大の喜びです。

 

 そんな中、
私達が目指している更に良いレッスンは、

 お客様(生徒さん)自身が、

気づいていない問題点

を見つけて
解決するというレッスンです。

 

生徒さんが疑問、質問に感じる前に、
私達が先に気づいていくことを目指しています。

☑踊りにくいことに気づいていない部分

☑もっと良くなる部分を見つけて、

踊り方のコツを伝えるようにしています。

 

つまり、このレッスン方法が、

問題解決のその先のレッスン

です。

 

この疑問や質問が発生する前

改善、アドバイスするという考え方は、

 社交ダンスだけでなく

日常生活でも、ビジネスでも、

役立つと信じています。

 

☑問題課題の前に見つけて改善してしまう

 

 ヒロス流考え方でした。。。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました