伝え方は難しい 

伝え方のコツ 社交ダンス ヒロス流考え方

伝え方のコツ 社交ダンス

社交ダンスでも、家庭でも、ビジネスでも
使える???と良いと思います。

社交ダンスから学んだ【伝え方】について

 

レッスンの時、
”伝える方”で

気をつけている5つのチェックポイント

について話をしたいと思います。

 

 

1.相手に合わせた

  言葉・用語を使ってますか?

 

2.相手に合わせた

  言い方・喋り方をしてますか?

 

3.相手との距離は近いですか?

 

4.相手がこちらを向いていますか?

 

5.しゃべっている自分の声を客観的に
  聞きながら話してますか?

 

 まずは、この5つの点、

特に相手に合わせた言葉、と話し方に
気をつけて話すと良いと思います。

 

 すごく良くないことは、

❌自分が言ったら伝えたと勘違いすること

❌自分の用語で話すこと

❌自分が伝えたいタイミングを優先すること

 

 

 お客さん、家族、ビジネスでも

相手を理解して、
自分の言い方も監視しながら、

 

良い伝え方をすることで

良い会話になると良いと思います。

 

まとめ

・相手との距離が適切な時に

・相手が聞きたいタイミングで

・相手に合わせた言葉の種類で

・相手に合わせた言い方で

・話している自分を分析しながら

 

上手に 伝えていけるように

トレーニングをしていきましょう。

 

ヒロス流 社交ダンスから学んだ

 伝え方 の チェック項目でした。

 

ヒロスダンススタジオ

社交ダンスを通じて、

伝え方のコツも広められたら良いと思っています。

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました