上達のコツ

ヒロス ヒロスダンススタジオ ヒロス流考え方

ヒロス ヒロスダンススタジオ 

今回のブログ ひとことで言えば、

 上達か、慣れか?

社交ダンスも、ビジネスも

 同じことをやり続けている時の
注意点があります。

 初めの頃とは違って、
ストレスなく踊れる(こなせる)のは、
ただ慣れただけの可能性がある

ということです。

 

 上達とは、1ヶ月前と比べて、
肉体的、感情的、理論的に
改善しているということ

 慣れとは、1ヶ月前と比べて、
肉体的、感情(感覚)的な
ストレスが小さくなったということ。

上達に向かっているときって、
心の中で、ブツブツ
「こうかなー?あーかな~?」
ってつぶやいていると思います。

そのつぶやきの連続が、
上達=理論が加わることに
つながるのです。

 

 1日に心の中でつぶやく言葉
インナーワードは、3万語って言われています。

 趣味や仕事をやるときには、
たくさんのインナーワードを
使って、理論を作っていきましょう。

 

だんだんストレスなく
・踊れるようになっている時、
・仕事でやれるようになっている時、
ブツブツ心でつぶやきましょう。

感覚ではなく、言葉にしましょう。

そうすれば、

慣れではなく、
 【上達】になります

 

 上達しているの?

そんな不安を感じたら、
ヒロス流 考え方を
参考にしてみてください。

 

 社交ダンスから
学んだ考え方でした。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました