上達のコツは人に教えてみること

趣味や特技の上達のこつは人に教えること ヒロス流考え方

知識は勉強とググることで得られるが知恵は教えることが効果的

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

人に教えてみることが
趣味や特技の上達のコツです。

注意していことは
自分が教える時に
相手の人が聞いてくれる状態が前提です。

✔人が聞いてくれるタイミングに

✔相手の人が聞きやすい言葉を使って

会話するということが大前提で大事です。

 

☑上手に教えるためには
 思っている以上に相手の話(質問など)を
 聞くことが大事になります。

 

つまり、

教えることをすると
同時に
聞く力も身につくと思います。

 

教えることで知識の定着が高まる

趣味や特技を人に教えることの
ほとんどが知識を教えるように
感じるかもしれません。

しかし、
教科書テキストに書いてある知識や
ググれば知れる知識だけだと

教えるときに”ネタ”につきてしまいます。

だから、
教える時には
✔コツや感覚
✔教科書テキストに書いていないこと
✔文字では伝えきれないこと

をどんどん教えていく
アウトプットしていくことが
必要になります。

 

知識・コツなどを
人に教えることは

自分の知識の定着化と
自分の知識を正確にすることに
とても役立ちます。

 

教えることでその技術(テクニック)の知識ではなく知恵が増す

教えることで知恵が身につくと思います。

言い方を変えたり
表現を変えたり
伝え方を変えたり

教えるという行為では
工夫をすることがとても多いです。

 

伝える内容を徐々に変化させることが大変

教える場面でやや大変なことは
生徒さん(習っている方)の
経験と力量(技術向上)にあわせて

伝え方や伝える内容を
・細かくしていくこと
・正確な深い理由を加えて伝えていくこと

など教える内容を
徐々に変化させていていくことだと思います。

 

 社交ダンスで言えば、
例えば、
動作としては同じ右足を出す場面において

◆入門・初級では
 「右足前進させて」

という言葉が
◆中級上級になると
 「左足をつかって」

というように
に伝え方が変わったりすることです。

 

教える場面を作ることへの挑戦

ヒロスダンススタジオでは
私達が社交ダンスを教えることだけでなく

各種ダンスや習い事を教える先生にも
スタジオを貸しております。

 このブログを読んで
ちょっと教えてみたい
レッスン会場を探してみよう

という方は

ヒロスダンススタジオの
時間貸しレンタルスタジオの
ご利用もご検討ください。

 

今日のブログは、

これまで、自分が身につけた
趣味や特技を習うだけでなく
教えることで
さらに自分の特技の
上達とレベルアップにつながると思います。

という話でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
*****************************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました