上達のコツ 3つのステップ

ひろす流考え方 上達のコツ ヒロス流考え方

ひろす流考え方 上達のコツ

社交ダンスも、他の趣味でも
仕事でも、

・できるようになる

・上達するようになる

には、

3つのステップを意識するといいと思います。

 

ステップ1.

大量に見る=大量の情報収集

 

ステップ2.

 頭の中で処理する=分析・考えること

 

ステップ3.

 アウトプットする=話す・使う・動かす
 → できる、上達する

 

という3つのステップです。

 

 3つのステップの情報量の差としては、

例えば、
 ステップ1が100個だとしたら、
 ステップ2は、50個になり、
 ステップ3は、10個という感じです。

 

つまり、

やれるようなるとか、
上達するためには、

ステップ1.の情報量を大量にすることが
大前提です。
で、かつ、それは、スタートラインに立てた状態にすぎません。

 

ステップ2で需要なことは、

 どう処理するか
 どう感じるか
 どう分析するか ということです。

 

 例えば、
6人が同じ事実を見ても、
気づくこと、感じることが
6人同じということは無いです。

 大量の情報入れて、
分析、処理しようとしても、
そもそも気づかないことも多いので、

そのロスを考えても、よりステップ1を

大量にしなければならないことがわかると思います。

 

 できるようになる、
 上達するためには、

 

ステップ1が少ないのに、
ステップ2にウェイトを掛けてしまったり、

ステップ1も、2も少ないのに
ステップ3を力ずくと体力勝負で頑張ってみたり

してしまうこともあると思います。

 

 だから、再チェックしてみてください。

 

ステップ1の見ること(情報収集)を大量にして、

ステップ2の分析をしっかりして、

ステップ3でできるようになりましょう

 

 ということを知っておき、

効率よく、できるようなったり、
効率よく、上達していきましょう。

 

 できることを増やしたい、
 改善上達したいとき、

まずは、スタート地点の大量の情報収集の
量は、大量だったかどうか、確認してみましょう。

 

今日も、やや難解なブログを
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました