上達のコツ 自主的な理由を感じること

やる気を出す方法 ヒロス流考え方

やる気を出す方法

 

今回のブログは

 ☆上達のコツについてです。

自主的、内向的動機付けで
やりましょう。

つまり、

☑ やる気、モチベーションを高く
  取組むことです!

やる気というのは、、
自らやろうという時の心の状態です。

 

「どうせやるなら、
  やる気持って、
  機嫌よくやって、
  効率よくやっていこう」

 

自らやる・内的理由
    VS 
人に言われてやる・外的理由

 

1.前者は、
  答えがない複雑なことをやる場合

2.後者は、
  やることや問題が、単純で機械的な
  場合
が多いと思います。

 

 ダンスの練習も、ビジネスも
他人からの評価、プレッシャー、
強制的な理由ではなく

 ☑重要だから

 ☑好きだから

 ☑おもしろいから

  だからやる!!!というように
自分で言い切ることです。

 

・アメとムチ的な人の動かし方
・組織・チーム・上司からの
外的要因で、やる気を出すとしたら、

それは、ルーティン型作業、ルール型という
自動化でやれることに限ります。

 → 左脳的なこと。

 

一方、
右脳を使わないとならない場合は、

自ら考え自ら行動するという
 意欲をもって取組むことが
重要になります。

 

 

まとめ、

 上達のコツは、
自らのやる気 の 程度を
あげることです。

 

ヒロス流

 上達のコツと、やる気のコツでした。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました