カップル仲間どうしで教え合うメリット

安心して教え合う人間関係 ヒロス流考え方

社交ダンスを教え合うことで踊りの言語化ができる

教えてあげる。
伝えてあげる。

教える教わるだけでなく

今こうして踊っているよ
前と今は、ここをこう変えて踊っているよ

 

社交ダンスの動きを言葉にすることは
難しいですが
言葉にすることで踊りの動きや
タイミングの理解が深まると思います。

 

教わるより教えたほうが気分が良い

やや危険な思考ですから
注意して実行してもらいたいですが、、、

ここで伝えたいことは

教わるより教えたほうが気分がいい

ということです。

 

その理由は
カップルの相手や仲間の
役に立っていると思える瞬間でもあるからです。

習ったこと
学んだこと
を人に伝える、アウトプットすることで
自分が習ったこと学んだことの復習にもなります。

 

教え魔としてのイメージを
持たれない程度の上手な伝え方話し方を
意識することで

自分の態度や言葉遣い、言うタイミングの
トレーニングにもつながります。

 

安心して話せる人間関係かどうかの確認にもなる

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

教え方の態度には、人間性が表面化します。

それに加えて

自分の勘違い、表現の間違いがあるかもしれない
状況だとしても

安心して教える(会話)できる相手との関係が
できているかどうかも確認できます。

 

カップル同士、仲間同士で
社交ダンスを教えあうことは

難しいことばかりです。

 

・動きを言語化する難しさ

・動きの強さやタイミングを
 伝える難しさ

・言い方言うタイミングの
 難しさ

・教えるときの
 自分の態度と話し方の難しさ

・教える相手と自分との
 距離(人間関係)の難しさ

 

偉そうに教えるほど自分はそんなに上手くない

ということで、遠慮しすぎす教え合うことを
このブログで提案しています。

ちょっと言いづらい教えるという
会話を繰り返すことで

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

安心して会話できる人間関係を増やしていけると良いと思います。

 

・教える勇気
・教えてもらったときの自分の受け取り方

教える側も教わる側も人間関係を深めるためには
良いことが多いように思います。

 

・安心して会話できるカップル
・安心して会話できる仲間同士

そんなことが確認できれば

社交ダンス以外の雑談も盛り上がると思います。

 

教えることは教わるよりも気分良くなりがちです。
言い方、タイミングなど注意する点を意識することを忘れないことは大事です。

 

今日のブログは、
遠慮しすぎずに社交ダンスを教え合おう

という話でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◆社交ダンス教室です
 日曜日の社交ダンスレッスンも可能です
 

◆貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください

 
◆貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
★練習場所としてご利用ください

静岡市清水区村松699-1

【電話はこちら】
054-334ー7115  

【メールはこちら】
suzuki@hirosu.jp

『ネットでみました』でお話ください。
電話・メールをお待ちしております。

※当スタジオでは
パーティーや発表会は
好きですが開催しておりません。

 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう

 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
 おしゃべり、運動、気分転換
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!

【ヒロスダンススタジオの役割と使命】
ヒロスダンススタジオの私たちの使命は
社交ダンスを通じて人々の幸せと身体と頭とこころの健康をもたらすことです。
そして、社交ダンスの普及と穏やかな心で過ごせる人を増やすことを目指しています。
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツを
 投稿しています。
     https://twitter.com/Hirosu050Studio  

コメント

タイトルとURLをコピーしました