やる気の維持は70%の強気と30%の不安

ヒロス流考え方

社交ダンスから学んだ

ヒロス流考え方です。

 

あなたが、もし、自分なりに
上手に踊れていると自信があったら、

元気に自身を持って踊りましょう。

でもそこで、注意というか ”コツ” ですが、

その時、

30%の不安な気持ちでいるいことを忘れずに。

 

もし100%の自信だけの場合、

■男性の場合、
 強気のリードが100%だったり、

■女性の場合、
 強気のフォローだけだったら、

❌踊っている相手に対して上から目線になったり、

❌最悪な場合、相手に対して”なめた姿勢”になってしまいます。

【注意】無言であっても、相手には、伝わる超危険な状態

 

だから、

必ず、30%程度は不安と自分の自信への疑い

気持ちを残すようにしましょう。

 

強がりかもしれない

無理して自信を持ったふりをしているのかもしれない

 

それでも、70~80%程度は、

自信を持って、明るく、元気に
面白く、機嫌よい意識で行動すると
良いです。

自信と安心感をもつことで、
社交ダンスだけでなく、
日常生活でも
ビジネスでも楽しく過ごせる
基礎・土台になると思います。

 

残り20~30%は、

不安な気持ちと、自分の自信への不信感
をもって過ごすことが、

✔次のレッスンの意欲が湧いたり、

✔練習のモチベーションを上げる

きっかけエネルギーになります。

 

 自信を持てば持つほど、

自分が上手になればなるほど、

自分のレベルや他の上手な人

すごい人のことがよくわかってくるので、

上級の人、
仕事ができる人

になればなるほど、

70%~80%の自信を維持することが難しくなります。

 

初級の人、
仕事に慣れていないひと

ほど、

20%~30%の不安でとどめておくことが難しくなります。

 

✔上級の方は、不安30%を維持する。
 自分の技術と自信の根拠を疑い、
 もっと学ぼうの気持ちを持つと良いと思います。

 

✔初級の方は、自信70%になるように
 今できていることの自信と
 徐々に成長している進化を信じて、
 安心して楽しむ気持ちを持つと良いと思います。

 

 

【まとめ】

 上級者も初心者も
 ベテランも新人も

 70%の自信

 30%の不安

 

という謙虚さと自信のバランスを
整えながらやっていくと良い。

 

社交ダンスと
ビジネスから学んだ

ヒロス流考え方でした。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

*******************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました