もんもんとして終わることも良しとする

社交ダンスを楽しく気持ちよく踊るコツ ヒロス流考え方

社交ダンスでも
 日常生活でも
  ビジネスでも

■入門、初級レベルで
 出会う問題、疑問においては

一般論的で、”常識=みんなの共通の理解”の

答えがある場合が多いと思います。

 

一方で、
■上級、達人レベルで
 出会う問題、疑問においては

✔複雑だったり、
 理解しあえても受け入れられない

という答えが出せないことに
ちょくちょく出会います。

正解や答えがその場ででなくても先送りする心構え

正解や答えを強く求めすぎると

✔モメやすいです

それは、
相手やその物事への否定という思考が
働いてしまうからです。

 

 否定は、事柄全体を受け入れず
全部ダメという感情になり
全否定的な思考になりやすいです。

 そして議論に広がらず
ますます悪循環に繋がります。

 

どうしても
納得できない、不審と
多少のイライラが出てしまう。。。

 

 そんなときは
批判的な思考にすると良いと思います。

ヒロス流考え方としては

☑否定的思考とは、
  全部受け入れたくない

☑批判的思考とは、
  物事を分解して
 これは受け入れられる
 これは受け入れられない

という物事を細かく仕分けられることで
所々の部分において相手への理解に
つながると思っています。

 

正解や解決を先送りすることも大事

社交ダンスは、踊りつまり身体を動かす
ことなので、

つまり、スポーツと一緒で

すぐに直らない改善できないことが多いです。

 一方、ビジネスでの手順や、やり方や
改善は、目に見えて
すぐに答えが出て、すぐに改善ができる
ことが多いです。

 

もっというと
プロゴルファーの石川遼さんの
テクニックや理論を知っても

同じようなスコアでコースを回れない
ことと同じで、

社交ダンスで
「こうしてリードして」
「こうやって踊って」
「こやって踊ろう」

としても、すぐにそう踊れないですし
もしかするとずっと先まで
できないこともあると思います。

 

音楽を聞いて
ありがたく一緒に踊ってくれる人がいて

身体を動かし、ちょっと雑談して過ごせる
社交ダンスを楽しく踊り続けていってもらいたいです。

 

・踊りを楽しむ

・上手になっていく
 成長を楽しむ

・運動の心地よい
 疲労感を楽しむ

・新しいステップを学ぶ
 学習行為を楽しむ

 

先送りや悶々として終わる忍耐力が必要

そんな楽しみと成長の中での
問題や疑問のすべてにおいて

急いで解決、改善することを
強く求めずに

所々の場面では

✔解決や答えの先送り

をして

解答なし、答えなし、
できることなしのまま

悶々と終わり次に繋げる
忍耐力も大事だと思います。

 

解決、答えを求めすぎない
悶々としたままで
過ごすということを
お試しください。

 

モメない方法でもあり
楽しく過ごすための工夫であり
気持ちよく社交ダンスを踊れるようになる

と良いと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
▶インスタグラム
 
▶フェイスブック
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました