社交ダンス教室【再開の方法と条件】

社交ダンス教室 再開方法 ヒロスダンススタジオ

営業自粛と臨時休業を終える条件

ヒロスダンススタジオは、
営業自粛と臨時休業をやや早めに判断しました。

 そのため、

再開のタイミングもやや早めの判断
を検討しております。

 安全で安心できる科学的、統計学的
根拠を調べております。

社交ダンスレッスン再開の方法

方法1.非感染者だけでレッスン再開

方法2.過去に感染した方だけでレッスン再開

方法3.非感染者と過去に感染した方でレッスン再開

ここでの問題点
◆検査の精度がどの程度か?
 検査の感度と特異度が重要になってくる。
 ・感度:感染者の内、検査結果が陽性になる人の割合
 ・特異度:感染していない人が、検査結果で陰性になる人の割合

今回は、社交ダンスレッスン再開方法2.
についてです。

 

✔抗体検査が陽性の方だけで再開する

 抗体検査です。
 PCR検査ではありません!

抗体検査:詳しくまた、正確には各自調べてください。

社交ダンスレッスン&貸しスタジオ再開方法

1.スタジオご利用予定者一人ひとりが
  新型コロナの抗体を持っているか調べる

2.私たち(ヒロスとミスズ)も抗体検査で陽性の結果が必要

3.抗体検査の陽性結果を提示した方だけで
  ヒロスダンススタジオの
  社交ダンスレッスン&貸しスタジオを再開する

という流れを検討しております。

 

抗体検査について

■症状が発生してから数日しないと陽性反応がでない。

■症状が過去にでていなくても、過去に自分が知らないうちに
 感染していれば陽性になる。

■抗体検査をすれば過去にかかったかどうかがわかる。

■過去に感染していれば、通常の感染症のパターンからすると
 1年近くは、感染しないと思います。
 *インフルエンザの予防接種は、毎年注射することを
  考えると1年後の抗体検査も必要だと考えます。

抗体検査で陽性者同士なら。。。

抗体検査後1年以内なら

 ・他人に感染させることも
 ・自分が感染することもない

と考えます。

*新型コロナ感染がそうであると願います。。

 

再開に向けて調査が必要なこと

疑問1.
 新型コロナを特定して抗体検査ができるのか?
  *他のコロナウィルスにも反応してしまわないか???

 

疑問2.
 1に加え、精度が高く検査できるか?

 陽性なのに陰性と判定される確率は?
 陰性なのに陽性と判定される確率は?

 

疑問3.
 一度感染したら、
  2度目の感染の確率は?
  また、それまでの期間は?

 

など。。。確認が必要です。。。

まとめ

社交ダンスを安心して再開できる条件を
専門家の方に確認しながら
科学的、統計学的、また、
安心して再開できる事実を集めたいと思います。

感染とウィルスの存在は、長期的に続くと思います。

だから、

安全、安心の中で社交ダンスが踊れる根拠を
見つけていきたいと思います。

 

*社交ダンス再開を希望している
 すべての方へ

良い案が有りましたら
メッセージいただけるとうれしいです。

 このブログのお問合せ
メールフォームからお願いいたします。

Twitter でも有益な情報を配信しております。
フォローをよろしくお願いいたします

 社交ダンスの復活を祈っています。

 早く社交ダンス教室を再開したいです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

P.S. 2020年5月14日
  スタジオ再開を告知しました。
  記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました