2つの共感 情緒的共感 と 認知的共感

承認し合う 共感し合う ヒロス流カップルのコツ
 *スタジオから日本平夢テラスまでの散歩が好き
   往復約2時間

今回のブログは、
カップル、上司部下の人間関係の話しです。

 

社交ダンスでも

日常生活でも

ビジネスでも

 

相手を承認することが大事

 

相手の考え、意見を承認するには、

まず相手との共感がスタート地点だと思います。

その共感には、

1.相手の感情に共感する情緒的共感

2.相手の立場状況に共感する認知的共感

の2つの視点が大事です。

 

ちょっといつもの社交ダンスに例えて
考えてみたいと思います。

 

まずは、

1.相手の感情に共感する情緒的共感についてです。

 女性が上手にやれる共感方法だと思います。

 ・相手の感情と同調して、相手と同じように
  悲しんだり、喜んだりという状態です。

 相手が不安になっている、相手が機嫌が悪い。。。
そんな気持ちに上手に寄り添い、共感することで
相手が自分の言葉をす~っと受け入れてくれたり、
自分の言葉を最後まで聞いてくれたりします。

 自分が相手に情緒的共感を持てたら、
きっと相手も自分の発言に共感をもってもらえると思います。

 

次に、

2.相手の立場に共感する認知的共感についてです。

 こちらは、どちらかというと男性が上手にやれる
 理屈的論理的な共感方法だと思います。

  ・相手に感情移入しなくても、自分の情動が乱れず、
   相手の不安悩みに共感できる状態です。

 気持わかるけど、、、相手の立場、状況に
自分が立ってみて共感することになります。
相手が意識していること、相手が見ている部分
相手が気にしている状況を共感することで、
二人して、会話そのものをやや俯瞰的に一緒に
共感できると思います。

 

 社交ダンスの練習でも、社交ダンスのレッスンでも
日常生活でも、ビジネスでも

よりよい人間関係と誰一人も取り残さない仲間意識を
持つために、

✔相手の感情に共感する情緒的共感

✔相手の立場状況に共感する認知的共感

という2つの共感を意識して、

その次に、相手からも自分から相手に対しても

承認しあえて、よいコミュニケーションが取れると思います。

 

 社交ダンスでも、日常生活でも、ビジネスでも、
いろいろなトラブルを誰かと乗り切る、
そんな優しく、心が軽くなる人間関係になるうと良いと思います。

 

ヒロス流人間関係のコツ

ヒロス流カップルのコツ  の話でした。

 

ヒロスダンススタジオの社交ダンスレッスンでも、

お客様が踊れない不安な気持ちに共感したり

上手に踊れない状況に共感したりして、

機嫌よく、安心して社交ダンスレッスンを進められるように
心がけていきます。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください