人生100年時代 第二の人生の2つのヒント

人生100年時代の生きるコツ スタッフ日記

今日のブログは、スタッフ日記(雑談)です。

最近、

人生100年時代というキーワード

が気になっています。

 

「意識しているものしか見えない」という
現象だとおもいますが、

ここ最近、いろいろな方と話をしていると
『第二の人生について』の話題がこんなにも
日頃の会話の中に多くあったんだ。って感じています。

 

そして、そんな話題を出す人ほど、

不安よりも、【楽しみ】口に出すことが多いように
感じます。

✔何かを楽しみにすること

将来の楽しみを期待していることは、
気持ちが明るくなって、脳の状態も良くなりそうですね。

 

それともう一つ、

✔身内の関係者(人)に親切にする

ということ。。。というか

✔意識して人に親切にする

という意識を感じます。

 

・お孫さんのお世話の話し

・家族の誰かのお世話の話し

・自分で自分のお世話というか
 自分で意識して自分をケアする話し

✔自分で自分の健康や幸せのお世話をする

というような感じの話しが多いと感じてます。

 

ちょっとまとめてみますと

人生100年時代を意識していると
日常生活の会話でその関係の話題が多かったです。

会話の内容としては、

■何かを楽しみにしている

■誰かのお世話(親切に)するという  役割意識をもっている

 

ということで、人生100年時代の

自分の幸せをについて考えいるのが

すごくいいな~っと思います。

 

私たちヒロスダンススタジオでは、
社交ダンスを教えているので、
いつもいつも社交ダンスを
どうしてもオススメしてしまうのですが、、、、

 

幸せな第二の人生(思っている以上に長い何十年間)

の中の 何かの楽しみとして

社交ダンスは、いいと思います。

 

私たちヒロスとミスズは、

✔社交ダンスの魅力を知っているから

✔それと、70歳80歳で社交ダンスをやっている人の  パワフルさと元気さを見ているから

✔おしゃれや周りの人への配慮の意識した  場面をよく目にしているから

 

だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました