社交ダンスを楽しむコツ 相手を管理しない

カップルのコツ楽しむコツ カップルのコツ

一緒に踊ることが多い相手を細かく管理しないこと

社交ダンスは、
リードとフォローの役割があって
手をつなぎ、一緒に踊ります。

だから、
一緒に踊ることが多い相手には
いろいろと言いたくなったりします。

相手の動きを
決めたい、指示したいという
気持ちになったりもします。

そんなときに

たとえ上手な会話術と人間関係
ができていたとしても
安心して会話できる関係が
できていたとしても

◆相手を細かく管理しないこと

が大事です。

 

目標設定は大事だけど相手を管理しないこと

「今日は、ここに気をつけよう」
とか
「あのステップを覚えよう」

などに目標設定は、
やる気アップにつながるので
大事です。

必要に応じて
アドバイスや意見交換も
大事です。

 

その中でも

◆相手の踊りを細かく管理しすぎない

という意識は大事です。

 

相手を細かく管理しないことのメリット

特に、カップルを組んでいる場合

お互いを細かく管理せず
・各自が主体性をもって
・各自が自分の役割を意識して
踊ることが

社交ダンスを楽しむことにつながります。

 

交ダンスが楽しくなればなるほど
踊る時間も増えて

それぞれが、
・自主的に自分の意思で
 目標を設定して
・自らの意思、思いに基づいて
 踊るようになると思います。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

主体的に自分の意思で
自分の役割を理解しながら
行動することで

次々と新しい目標や課題が
見つかると思います。

それと同時に

自分で作った目標や課題を
自分で解決に取り組む中で

創造性豊で、クリエイティブな
思考になることで

 

今より少しずつ、
絶え間なく上達していけると思います。

 

上達すればするほど
また社交ダンスが楽しくなる

 

つまり

楽しいから上達する
上達するから楽しくなる

こんな好循環がぐるぐる回ると

良いと思います。

 

今日のブログは、

社交ダンスを楽しむコツ
ヒロス流カップルのコツ

◆相手を細かく管理しすぎない

という話しでした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました