社交ダンスで学ぶ 非言語での伝え方

言葉を使わない 4つの伝え方 カップルのコツ

言葉を使わない 4つの伝え方

おはようございます。

台風の影響で今朝は、風が強いです。
空は、真っ黒い雲が広がっていますが、
雨は降っていません。

 

さて、今日のブログは、

非言語で相手に伝える方法

について話します。

 

社交ダンスのラテンでは、

1.組んでいる手や腕でリードする方法
  (フィジカルリード)

 

2.組んでいない状態で、
  男性の動きを目で見て同調して踊る
  (ビジュアルリード)

 

3.組んでいたり組んでいない状態で、
  男性の体重移動でリードする方法
  (ウェイトチェンジリード)

 

4.2の動きと少し違い
  男性のボディや腕のストレッチ感や
  身体全体の形でリードする方法
  (シェーピングリード)

 

の4つの種類のリード(伝え方)が
社交ダンスのラテンにあります。

 

 あの複雑な動きを
言葉を使わずに女性に伝える感覚を

 

社交ダンスで学べます。

 

言葉を使わない4つのリード(伝え方)の
技術を身に着けても、

 

その次には、

その技術(リード)を使う

 

☑相手に伝えるタイミング

☑相手に伝える強弱の加減

 

を身につける必要があります。

 

 人生の多くの問題は、
人間関係のこと。

 

トラブルの多くは、「言葉」を通じて
発生していることも多いと思います。

 

そして、言葉によって解決しようとすることも
多いです。

 

 でも、好き、嫌いの感覚のように
言葉や数字で表現できない部分を

無言の中で感じることが重要なことも多いです。

 

 

社交ダンスでは、

非言語、言葉をつかわずに、

 

相手に伝える方法を自然に学べます。

 

手や腕の物理的なリード以外に

 

雰囲気、男性の仕草(形)など

言葉以外のリード(伝え方)が

必要だからです。

 

 この非言語のリードは、

伝える側が成長するだけでなく、

女性も非言語の男性のリードを

感じ取る力も身につきます。

 

 

社交ダンスで学んだことを
社交ダンスの時間だけではなく、

 

日常生活や

男女(カップル)などの

人間関係においても、

社交ダンスで学ぶことを活かせると思います。

 

 まとめ

☑社交ダンスのラテンには、
  4つのリードの方法がある

 

☑言葉以外でのリード(伝え方)を
 社交ダンスでは学べる

 

☑非言語では、伝える側だけでなく
 受け手側の能力、力もつく

 

☑社交ダンスで学んぶ非言語の
 コミュニケーションは、
 日頃の人間関係のコツとして
 活かせる

 

という話でした。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

*******************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
 
◇貸しスタジオとし借りられます:先生向け 
    ★レッスン会場としてご利用ください
◇貸しスタジオとして借りられます:一般の練習向け
  音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
*******************************************
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
▶インスタグラム
 
▶フェイスブック
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました