伝え方の3つの注意点 カップルのコツ

伝え方の注意点 ヒロス流考え方 カップルのコツ

伝え方の注意点 ヒロス流考え方

おはようございます。こんにちは、
そして、こんばんは。

 

今回は、ヒロス流カップルのコツ シリーズです

 

昨日の記事の

◆声に出すといい。
◆言語化、言葉、声を出すこと

の大切さを書きましたが、

 

声に出す、言葉にすることの
注意点を書いてませんでした!

 

だから、 
今回は、3つの注意点を話そうと思います。

 

注意点1

 マイナスの情動(その時の短時間的な感情)は
言葉にしない。声にしないこと!

 ◆感謝、嬉しいことは、ストレートに
  言葉にしていいのですが、
  マイナスの情動は、ストレートは避けましょう。。

注意点2

 言葉の最後は、「だよね。」「かな。」
とか。柔らかい優しい言葉遣いの習慣を身に着けたいですね。
最初は有意識で将来的には無意識の言葉使いにしたいですね。

 

注意点3

 話したから、伝えたからって、
相手が合意、賛成してくれる、今後忘れない
ということではないことを「承知して」
発言すること。

 言ったことも、聞いたことも
お互い忘れるということを理解しておくことですね。

 

 

社交ダンスの踊りでも、

同じことをミスしたり、

同じことを注意されたり、

同じことを練習しても、

忘れてしまうこと多いですよね。

 

ヒロス流 カップルのコツ

伝え方の注意点についてでした。

 

最後まで、
読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました