人間関係のコツ:思えば思ってもらえる

社交ダンスで学べる人間関係のコツ カップルのコツ

社交ダンスから学んだ人間関係のコツ

2人で踊る社交ダンス。
社交ダンスを踊っていると
 運動や体力維持、技術の向上だけでなく

✔カップルのコツ
✔人間関係のコツ

が学べます。

 

 今回は、
社交ダンスから学んだことして

☑相手を思えば相手から自分も思われる

という人間関係のコツの話です。

好意を持って
優しい気持ちで
相手を思うと相手からも思われる。

そう信じて、まずは、
自分の方から”相手を思う”という
言動が大事だと思います。

 

 社交ダンスの
リード(男性)とフォロー(女性)の
関係の中で

☑相手を思って踊っているかどうかが重要です。

相手を思う気持ちは
・優しさ
・相手に対する慎重な言動

になり、楽しい社交ダンスになる
とても大切なことだからです。

 

◆男性は、心の中で

「このリードで伝わるかな?」

「踊りにくくしていないかな?」

「コンタクトしている手、腕を
 強くしてないかな?」

という、”自分の踊りで注意するという”という
感覚ではなく
相手のことを思って踊ることが
その気持がよいリードにつながると思います。

 

◆女性は、心の中で

 「相手のリードを間違って
  踊ってしまってないかな?」

 「相手が重いって
  感じていないかな?」

という、相手のことを
思って踊ることで
ステップに追われる感覚ではなく
相手のリードを感じやすくなると思います。

 

 日常生活でも
  ビジネスでも

☑自分が相手を思っている多くの場面では
 相手からも自分は思われている

そう”信じて”

自分がまず、相手のことを思うことを
スタート地点にする意識が大事だと思います。

 

相手を思うことで誤解が激減する

相手に
「こうしてもらいたい」

「自分はここを気をつけるから
あなたは、ここを気をつけて。。。」

そんな、相手に対する指示や決めることを
やっていないと良いと思います。

ヒロス流考え方では
・男性は、決めたい、指示したい
・女性は、聞いてもらいたいだけ

というイメージを持っています。

だから、多くの場面で
男性の方が相手の気持ちを
重くしてしまうことが多いと思います。
私も気をつけてます。。。。

 

ちょっと脱線しましたので
話を戻しますと、

 

☑カップル人間関係で
 誤解が激減すればトラブル激減

そう思います。

誤解しないためには
先ずは、自分が相手を思うこと

そうすれば、相手も自分を思ってくれると
信じることが大事だと思います。

 

 社交ダンス自体、踊っていること自体
に関しての会話においては

誤解は、少ないと思います。

 

 というのは

物理的なこと
つまり、強いとか、小さいとか弱いとか
運動・動きの量とタイミングについての
意見交換(会話)が
多いからです。

 

会話して組んで
また踊ってみれば
相手の話を承認、理解しやすいから
踊りに関しての会話で”誤解”は
少ないと思います。

 

一方で

社交ダンスを踊る前や
踊っていない時間だったり

日常生活や
ビジネスのように
直接、触れ合って、組むことがない状態だと
思っている以上に

✔お互い誤解したままその場面が
  過ぎていることが多い

と思います。

 

その言動の原因は

相手を思っていなかったり
自分に非がないようにすることばかり
自分の責任にならないように
“保険をかけた言動”をとることに気持ちが
行き過ぎている場面が
日常生活やビジネスで気になります。

 

そもそも相手を思っていないことが原因

多くの場面で

相手の言動を

悪い方に勝手に解釈したり
また、自分がイライラする方に

誤解して解釈しているような場面が
周りを見ているとちょくちょくあるように見えます。

 そう見えてしまい
気になることがとても多いです。

 

(ここ清水の土地柄の会話
ちょっと荒々しい言葉の冗談が多い。。。。)

 

 相手のことを思っていないことで
『勝手な誤解』をして
トラブっている人たちを見るのがイヤです。

 

✔相手を思うことで
 相手も自分を思ってくれる

 そして、”誤解”という
人間関係のトラブルの原因が減っていく
良いと思います。

 

社交ダンスからは

■人間関係をよくするコツ
■カップルのコツ

に気づける場面が多いです。

 

 運動、健康、体力づくり、
テクニックの向上だけでなく

 心が軽くいられる
人間関係のコツも学んでいきましょう。

 

 相手に好意を持って過ごせる
健康で明るい気持ちでいられるのも
社交ダンスでの学びが役立つと良いと思います。

 

ちょっと長文になってしまいました。。。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました