社交ダンス上達のコツは言葉用語の理解

社交ダンスの用語 社交ダンス

社交ダンスのレッスンで使う言葉(用語)の理解が大事

新しいステップを覚えたり
改善や修正するときのアドバイスを
理解するためには

社交ダンスの用語の意味と理解が必要です。

たとえば、
◆足(シューズ)や脚の位置に関しては
 ・横におく
 ・アクロスする
 ・向けて
 などの社交ダンスの用語としての理解が
重要です。

特に足をつく位置については
体重の乗っている脚のシューズの向きに対して
横や、横少し前 という意味を知っておく必要があります。

それと同時に、そもそもその基準となる
今体重が乗っているシューズ(足の向き)が
正しくないと
せっかく用語の意味が分かっていても
正しい位置に足を置くことができないということも
注意が必要です。

◆足(シューズ)や脚の動かし方に関しては
 ・後退、前進、横
 ・ヒールからトー
 ・トーヒールなど
 ・ヒールターン
 ・ノーフット
  などの社交ダンスの用語を
理解しておくと良いと思います。

 

なんとなく、横に置けばいいんだ
なんとなく、前進、後退すればいいんだ

になりがちです。
シューズの床への着き方や
体重が乗っているステップしない足が
正しいから次の足の位置の説明が理解できる場面もあります。

 

日常生活のざっくりとした
言葉の意味と

社交ダンスの専門用語としての
動作や位置の意味

をレッスンで上手に説明して
もっと楽に踊れるように
もっと理解が深まるように

ゆっくり丁寧に説明いたします。

 

今日の社交ダンス上達のコツは
・社交ダンス専用の言葉の意味を理解すること
・”横に置く”の意味においても
 日常生活と社交ダンスの時では意味が少し違う
 ので再確認しましょう

という話でした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました