社交ダンスは完璧である必要はない

社交ダンスで完璧を求めないこと 社交ダンス

社交ダンスは二人で踊るから難しい

社交ダンスを細かく
学習しようと意欲を持つことは
とても良いことです。

「あっそうか〜」

「わかった〜」

「そういうことね〜」

 

そんなコメントを
生徒さん(お客様)から
いただくととても嬉しいです。

生徒さん(お客様)の
頭の中もスッキリ!いい気分なってたら思います。

 

でも。。。

なかなか上手に踊れないことが多いです。

その理由の一部は、

社交ダンスは、二人で踊るので
二人のタイミングがぴったり合うことが
難しいからです。

 

二人で踊っている時、
タイミングや回転量が
違ったり、ズレることで
自分が踊れていないように感じます。

 

ステップもカウントもあっているけど
男性と女性の回転量が違ったり
移動していくイメージが違ったり

そうすると

上手に踊れないのは自分が原因。。。

って思いがちです。

 

相手が悪い、自分が悪い

ということではなく

タイミングがぴったり合ったら
ラッキー!気持ち良い!

って思うぐらいに思っておくことでちょうど良いと思います。

 

 社交ダンスを楽しく踊るために
完璧を目指しすぎないことです。

 

フットワーク、カウントは
教科書にのっていたりしますが

特に回転量は、ちょくちょく
いつもとは違うことがあります。

全体のステップの構成や
お教室、ダンスフロアーや
他のカップルとの位置によって

ちょくちょく回転量は変わります。

その時、

上手に踊れないな〜って

感じても、まずは、一旦、

☑問題、違和感解決は
 先送りしましょう。

 

 社交ダンスを踊っていく中で

少しずつ、レッスンを進めていくことで
自分が納得した踊りになっていけると思います。

 

シャドーで自分の状態を確認するレッスンもおすすめ

ほぼほぼ完璧に踊りたい。。。

どうしてもその思いが強い場合は

☑シャドーで何度も踊ってみてください。
 たまには、シャドーのレッスンを受けて
みることをおすすめします。

 

 完璧を目指しすぎずに
時々感じる気持ちよく踊れるタイミングを
期待しながら
社交ダンスを楽しめるといいと思います。

 

繰り返しになりますが
完璧を求めるときには

まずは、シャドーで踊る練習時間を
ぐっと増やしてみてください。

そして、たま〜に、
シャドーのレッスンを受けてみることもオススメします。

お問合せもお気軽にお願いいたします。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

P.S.

気温も下がってきて
空気の乾燥もしてきています。

体調管理に気をつけて
栄養と睡眠を増やして生活していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました