社交ダンスの苦手なステップの見つけ方

ンス苦手な部分の見つけ方 社交ダンス

 

今日のブログは、

上手に踊れない場所の見つけかた

をテーマにしました。

社交ダンスの練習や改善ポイントの見つけ方

自分では気づきにくい
■練習すべきステップ
■レッスンを受けると良いステップ
がみつかると良いと思います。

親指と人差し指に力が入っていませんか

男性も女性も相手と触れ合っている
指についてです。

✔親指と人差し指の力を抜きましょう

指の力を意識して踊ってみてください。

 

親指、人差し指に力が入っていませんか?

スタンダードでホールドしている時や
ラテンを踊っている時

✔親指や人差し指の爪が白くなっていませんか?

ギューって親指や人差し指に力を
入れて相手とコンタクトしていると
爪や指の先端の皮膚に血液が回らず
白くなっていませんか?

これは、よくないです。

 

■胸の上の方に力が入ってしまったり
 身体の動きが固くなるからです。

 

身体やリードを柔らかく動かすために

小指薬指側を中心に相手とコンタクトする
ように練習してみてください。

 

音楽を流して踊ってしまうと
ついついルーティンに夢中になったり
フットワーク、ホールドや姿勢に
意識がいってしまいます。

 

だから

✔音楽を止めて練習してください。

 

音楽を流さずに

相手とコンタクトする指の圧力の変化を
観察してみてください。

 

 ちょっと上手に踊れないところ
特に、親指、人差し指の圧力を観察してみてください。

 逆に

上手に踊れているステップの時の
指の圧力を観察してみてください。

 

✔上手に踊れるところは親指や人差し指に
  力が入っていないと思います。

 

✔上手に踊れないところは
 呼吸が止まっていて
 さらに親指、人差し指に力が入っていると
 思います。

指以外の観察ポイント

2人で踊る時 音楽を流さずに

指の圧力の観察に加えて

✔息を止めて踊ってしまっている
 ステップはないか観察

✔タンゴ以外のスタンダードのときは
 シューズと床の擦れる音を観察

 

そんな練習をしてみてください。

踊りにくいステップ
 上手に踊れないステップの場所は

指に力がはいっていたりするだけでなく

 

■息が止まっていたり

■シューズが床から離れ過ぎたり

していると思います。

 

今日は、上手に踊れない場所
改善する場所の見つけ方の話でした。

 

特に、親指と人差し指のちからは抜いて
踊ってみてくださいね。

 まずは、音楽を流さずに
じっくりと観察しながら練習しましょう。

 

P.S.

いい練習だったな〜と感じるのは

①次の日に背筋が痛かったりすると
 姿勢を意識した練習ができたなと思いますね。

 

②練習が終わった後カップルと楽しく話ができる時

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました