忙しく踊っている部分を修正する

達人の動きは忙しく見えない 社交ダンス

忙しく感じない忙しく見えなくなる

社交ダンスを踊っていると

この部分は、忙しいな~
って感じる部分は
進化成長できる部分です。

 

この部分を修正して
自分たちが忙しく感じなくなり
忙しく見られなくなってきたら
進化成長し上級者、達人に
近づくことになります。

 

自分ではわからなくても
周りから見て

あの部分は、忙しそうに踊っているよ

という部分も
進化成長させることができる部分は
組んでいる相手や練習仲間や
レッスンの先生から
指摘してもらうと良いと思います。

 

社交ダンスで
どこを練習したらいいのか
どこを修正したらいいのか

ということがわかると
効率良い練習やレッスンができます。

 

その一つが
◆忙しく感じる部分
◆忙しく踊っているように見える部分

 

忙しい踊りになっている理由

忙しい部分は、
息が止まっていませんか?

このチェックも合わせて
確認してみましょう。

 

忙しい部分の理由を
書いてみます。

・左右しっかりと
 交互に体重がのっていない

 

・視線が下を向いている

 

・頭が相手の方に近づいている

 

・スタンダード(モダン)の場合は
 肘の位置が下がっている

 

・ラテンの場合は
 脇、二の腕の下の空間狭く
 腕がボディーに近すぎ

 

・股関節や足首が
 伸び切っている

 

・そもそもカウントが
 間違っている

 

・内側の人が
 大きく早く動き過ぎている

 

・ボディーの両サイドの
 いずれかのストレッチ感がない

 

など。。。

 

忙しく見えなくても中身はキレっキレ

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

忙しく見えないという
雰囲気が達人の共通点のように感じます。

 

忙しく見えなくても、

達人の頭の中や
達人の中には

忙しく見えなくても
頭の回転よく、
早く、キレの良い動きが
多く含まれているのは

当然のことです。

 

それでも

忙しくは見えない。

それが達人。

 

忙しく感じな
忙しく見られない

そんな達人を目指して
まずは、

今の忙しい部分を

一つ一つ改善していきましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました