完璧じゃなくて大丈夫

静岡 ダンス教室 リラックスして踊る

社交ダンスの学習意欲が高くなると

・理論的なことを知りたい

・基本どおりに踊りたい

・教科書どおりに踊りたい

・いつ写真を撮られてもいい姿勢で
 踊りたい

・こだわりの部分だけは完璧に踊りたい

 

など、自分にプレッシャーをかけがちになってしまいませんか。。。

 

極端な場合、完璧をめざしすぎて、
「ちょっと踊りづらくないかな?」と感じるぐらい
追い込み過ぎる姿勢を感じるときもあります。

 

 そんな時は、

「今ら、2時間連続で踊るつもりで踊りましょう」

とか

「呼吸を止めないように踊りましょう」

「楽に踊りましょう」

というレッスンに切り替えたりします。

 

完璧を目指し、
アスリートのように高い意識で
頑張って努力して踊ることは、
もちろんすごく良いことだと思います。

 

でも、、、

 

そんな向上心もった努力家ではなく、

たまには、

✔自分に優しく

✔ステップ間違ってもいいじゃん

✔完璧なホールドも必要ない

✔音楽に完璧に合わせることに
 神経質になりすぎない

 

というような考え方で

自由に踊って、
社交ダンスを思いっきり
味わう、楽しむ時間を作ってみてください。

 

努力と高い意識を持たないで踊ってみてください
という提案です。。。

 

その効果は、

🔵力みが取れたから、身体の可動域が広がった

 

🔵口ずさんでいたカウントではなく、
音楽(曲)の中のメロディを聞いて踊れるようになった

 

🔵呼吸が楽な状態で踊れるようになった

 

という新たな発見につながると思います。

いつもと違う力みのない
柔らかい身体とゆったりとした動きに
気づくかもしれません。

 

 この「何も考えず、楽しむだけの社交ダンスのレッスン」を

していてお客様の拝見していると

顔の表情が優しくなっているように
感じます。

そして、

☑男性のリードが優しくなったり

☑女性は、踊りが柔らかくなったり

 

ということを感じます。

 

常に完璧を求めて、

唇をぐっと強くくっつけちゃって踊るのではなく、

完璧じゃなく【軽く踊るんだ!】

って思って踊る時間も作ってみてください。

 

その時、自分を客観的に見ることできて、

自分の動きを感じることができて、

✔新たな発見があると思います。

 

ここあそこと注意する点ばかりを
考えて踊っていることから解放され

リラックして、ある意味、暇で、余裕で踊ることで

✔自分の動きの感覚が鋭くなり、
 「踊りやすいコツ」などに気づく余裕も生まれると思います。

 

今回のブログは、

完璧を求めない リラックして踊る

そんな時間も大事

という話しでした。

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

ヒロスダンススタジオでは、

社交ダンスのレッスンを受けたい方を
募集しております。

 不定期レッスン、

来れるときだけ連絡する

そんなフリーレッスンも

対応可能です。

 

お気軽にお問合せください。

*******************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください